2005年11月27日

伊豆の仇は名古屋で

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼131112┼┼┼┼281830┼┼┼┼┤
├┼1014┼┼┼17262324┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼292725┼┼┼┼┼┤
├┼15┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼1631
├┼┼┼┼20┼┼┼21┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼32┼┼┼┼33┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼22┼┼┼┼┼34┼┼┤
├┼┼50┼┼┼┼┼・┼┼35┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼4541┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼36┼┼┤
├┼394042┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼44┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
48┼┼┼┼┼・┼┼38┼┼┼┼┤
├┼434619┼┼┼┼┼┼┼37┼┤
4947┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
 名古屋で行われたNEC杯でシャトル9段は名人戦のリベンジを果たした。\(^o^)/
 江戸の仇は長崎でならぬ伊豆の仇は名古屋でだ。
 第3回戦は宮沢吾郎9段VS山田規三生8段との勝者との対局となるそうだが、私的には宮沢9段との対局を見たいなぁ。o(^o^)o













 左下隅の定石は、白が不利に見えてしかたがないのだが、いつの間にか白地ができてしまうところをみると白の厚味も相当なんだろうなぁ。
 15と切っ先が出ているところに50とは固定観念の虜になっているボケ脳には全く思い浮かばないが203222の3子のウスミを補いながら黒を攻めている好着なんだろう。
 こういう手が絶対に思い浮かばないボケ脳だと白の立場で左下隅の定石は破滅を招くことになるだろう。
 ボケ脳に刺激を与えて貰えた1局だった。



この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック