2008年03月31日

次世代携帯電話

次世代携帯電話、通信方式統一で端末に互換性へ
(2008年3月31日03時04分 読売新聞)
 2010年ごろにスタートする次世代携帯電話サービスでは、利用者が一つの端末で好きな携帯電話会社を選べるようになりそうだ。

 総務省が通信方式(規格)が同じ端末に互換性を持たせる方針であることを踏まえ、KDDI(au)が次世代サービスから独自の通信方式を改め、NTTドコモなどが採用する方式に合流する方向となったためだ。利用者は端末に無関係に通話料金が格安なプランなどを選べるようになり、料金引き下げ競争が活発になることも予想される。
 今は電話番号を変えないで携帯電話会社を変えることができるようになったが端末は携帯電話会社ごとに異なるので端末をを取り替えなければならない。
 この元凶は携帯電話会社により通信方式が異なることと携帯電話会社が端末を管理していることにある。
 総務省は2010年頃からスタートする次世代携帯電話の通信方式を統一し携帯端末に互換性をもたせる方針を打ち出した。
 これにより2年後には同じ端末で携帯電話会社を乗り換えることができるようになる。
 ユーザーはサービスが悪く価格が高い携帯電話会社から価格に見合ったサービスの携帯会社に気軽に乗り換えることができる。
 広告ではいかにも安そうに宣伝している携帯会社でも自分の条件で使うと割高になることを知っても今の制度では端末を取り替えるのに費用がかかるので乗換えを諦めることになるが次世代携帯電話ならさっさと乗り換えることができる。
 携帯会社はユーザー獲得のために詐欺まがいの広告ではなく実質的なサービスの向上を図る必要が出てくる。
 端末メーカーも携帯電話会社からの縛りがなくなるからメーカーの長所を生かした製品を送り出すだろう。
 また次世代携帯電話の通信方式は国際的に統一されるからノキアなど外国メーカーの端末も参入してくることになる。
 ユーザーにとってよりどりみどりの時代になりそうだ。
 我が家の携帯電話はimode出現当時の時代物で買い替えを検討していたが2年後まで待つことにした。
posted at 09:02 | 情報技術