2007年10月20日

安易な気持ちがモチコミを招く

**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
19┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐19
18├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤18
17├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤17
16├┼┼┼┼┼┼┤16
15├┼┼┼┼┤15
14├┼┼┼┼┼┼┤14
13├┼┼┼┼┤13
12├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤12
11├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤11
10├┼・┼┼┼┤10
09├┼┼┼┤09
08├┼┼┼┼┼┼┼┼┤08
07├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤07
06┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤06
05├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤05
04├┼┼┼┼・┼┼┼┼┤04
03├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤03
02├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤02
01└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘01
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
 下辺の黒の構えはがらがらで上には白の厚味がある。どこに石を転がしても下辺は白地に化すだろう。
 こんな安易な気持ちで120手目ノゾキからオキを打った。
オサエを打たれてからことの重大性に気が付き慌てるお粗末さ。
 白M2ハネ黒N2オサエ白L2ツギはタチで白壁に届きそうもないと速断しヨミの裏付けなしにブツカリを打つ。
 当然のごとくタチとなりこの2子を動くわけにいかない。モチコミになってしまった。がく〜(落胆した顔)
ではツケから打たなければいけなかった。

早すぎた店仕舞い

**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
19┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐19
18├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤18
17├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤17
16├┼┼┼┼┼┼┤16
15├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤15
14├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤14
13├┼┼┼┼┼┼┼┤13
12├┼┼┼┼┤12
11├┼┼┼┼┼┼┤11
10├・┼┼┼┼┤10
09├┼┼┼┼┼┼┼┤09
08├┼┼┼┼┤08
07├┤07
06├┼┼06
05├┼┼┼┼┤05
04├┼┼┼┤04
03├┼┤03
02├┼┼┼┼┼┼┤02
01└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘01
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
 計算オンチはとんでもない戦略ミスを招く。
 174手目◇スベリを打ってこの碁は大差勝ちと勘違い。
 吾輩は店仕舞いが下手で有利な碁を店仕舞いせず逆転負けすることが年中行事だ。今日は店仕舞いをしっかりするぞと心に誓いグズミにナラビと安全を期し店仕舞いをはかる。
 この後ヨセで損を重ねたがかなり残っていると思いきや8目半の負け。がく〜(落胆した顔)
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
19┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐19
18├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤18
17├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤17
16├┼┼┼┼┼┼┤16
15├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤15
14├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤14
13├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤13
12├┼┼┼┼┤12
11├┼┼┼┼┼┼┤11
10├┼┼┼┤10
09├┼┼┼┼┼┼┤09
08├┼┼┼┼┤08
07├┤07
06├┼┼06
05├┼┼┼┼┤05
04├┼┼┼┤04
03├┼┤03
02├┼┼┼┼┼┼┤02
01└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘01
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
 上図ナラビではハネダシと左辺の黒を食べていなければいけなかった。
 中央の白の一団はシノギがあるはず。
 もっとも8目半負けということはヨセで10目以上は損をする吾輩だからこの時点では細かいながら白が有利だったのだろう。
 計算がしっかりできていて細かい碁だということがわかっていればヨセの下手な吾輩は中央の白のシノギがあるかないかに関わらずハネダシを打っていた。
 ツブされて負けるのなら諦めもつくが戦うべきところを戦わないで負けるのは碁なんか打つのでなかったという虚脱感が残る。
 柄にない早めの店仕舞いをするものではないな。ちっ(怒った顔)
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック