2007年10月20日

オケ指揮疑似体験ソフト

 ドイツで腕を振ることにより3次元で複製されたバイエルン放送交響楽団の演奏速度や音の大きさなどを指示することができるソフトが開発されたという。
 吾輩は結婚する前までは自宅で管弦楽曲を聴くときはオケスコを見ながら音楽に合わせて棒を振って指揮した気分に浸っていたものだった。
 自分でオーケストラを指揮できたらどんなに気分がいいだろうと夢見ていた。
 吾輩と同じような夢を抱いているクラシックファンは多いのではなかろうか。
 このソフトはそんな夢を実現してくれそうだ。
 オケ全体の音の強弱だけでなくパート毎の音の強弱も指示できたら嬉しいなぁ。
 どのくらいの価格なんだろう。
 1万円くらいで買えるのなら絶対に買うけれどきっと眼のくりだまが飛び出るほど高いんだろうなぁ。
 音楽喫茶やゲーセンにこの装置を備えて10分ナンボで使えるようにならないだろうか。
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック