2007年10月15日

ボクシング協会の迅速な対応

「全会一致」で亀田叩き!理事会が厳罰要望書提出へ 8:35
 日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、東京都内で倫理委員会を開き、WBC世界フライ級タイトルマッチで反則を繰り返した亀田大毅(18)=協栄=、反則行為を指示した父・史郎トレーナー(42)らに対する処分を検討する。これに先立ち、東日本ボクシング協会(大橋秀行会長)は理事会を開き、亀田家に対する処分を検討するが、12人の理事の1人で亀田兄弟が所属する協栄ジムの金平桂一郎会長(41)は海外出張中のため欠席。全会一致で亀田家に対するライセンス剥奪(はくだつ)などの厳罰を求める要望書をJBCに提出する。
 WBC世界フライ級タイトルマッチで反則を繰り返した亀田チームはJBCから厳罰が科せられそうだ。
 迅速な処理だなぁ。安倍晋三や相撲協会とは大違いだ。
 吾輩はボクシングが大嫌いだがボクシング協会を大いに見直した。
 しかし亀田一家は人気があるというので驚いた。TBSは慈善事業ではない。高い金を払って放映権を獲得し亀田に肩入れしたのは絶大な人気があるからだろう。
 吾輩は亀田をニュースでしか見たことがない。そのときの言動を見るとヤクザとしか思えないのだが実物にあったら魅力のある人物なのだろうか。
 それともヤクザまがいの人間を英雄視するボクシングファンが少なくないのだろうか。
 もし、そうならやっぱりボクシングは嫌だなぁ。
 こんなことを感じるのはイジメラレッ子だった子ども時代のトラウマなんだろうか。

いかなる処分も受ける=亀田大の反則問題で−金平会長 (時事通信) [ 2007年10月15日12時16分 ]
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチでチャンピオンの内藤大助(宮田)に対して反則を繰り返した亀田大毅(協栄)が所属する協栄ジムの金平桂一郎会長は15日、談話を発表し、「亀田大の言動について協栄ジムとして監督責任を重く受け止めています。同選手および関係者の不適切な言動は決して許されるものではありません。それに関するいかなる処分も甘んじて受けさせていただく所存です」と謝罪した。
王者・内藤が亀田一家の反則再発防止求める JBC、午後から処分検討 14:00 (iza:イザ!)
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ(11日、東京・有明コロシアム)で反則を繰り返した亀田大毅選手(18)=協栄=に対し、対戦したチャンピオンの内藤大助(宮田)と同ジムの宮田博行会長は15日午後、東京都内の日本ボクシングコミッション(JBC)に出向き、再発防止を求める要望書を提出した。
 JBCに対して統括機関として選手管理の徹底と公正な試合実施を求めた。亀田大の処分については具体的要求はせず、JBCに委ねた。
亀田大毅の出場資格停止、JBCが処分方針 10月15日14時34分配信 (読売新聞)
 11日の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦で、挑戦者の亀田大毅選手(18)(協栄)が反則行為を繰り返した問題で、日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、大毅選手に一定期間、試合出場を差し止める「ライセンス停止」処分を科す方針を固めた。
亀田大毅の出場資格停止 JBCが処分方針固める [ 10月15日 14時56分 ] (エキサイト)
日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、亀田大毅選手に一定期間の試合出場を差し止める「ライセンス停止」処分を科す方針を固めた。同日の倫理委員会で協議し、最長で1年間の停止処分となるとの見込み。
亀田父子、ライセンス停止処分へ 父は無期限 16:40 (iza:イザ!)
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで亀田大毅(協栄)が反則を繰り返した問題で、ジム経営者らで組織する東日本ボクシング協会(大橋秀行会長)は15日、理事会を開き、大毅に対して12回の反則行為で「期限付きのライセンス停止処分」、史郎トレーナーに対して11回に反則指示の言動が認められたとして「無期限のライセンス停止以上の処分」、兄の興毅に対して「期限付きのライセンス停止処分」を下すよう、それぞれ日本ボクシングコミッション(JBC)=安河内剛事務局長=に要請することを決めた。
内藤「亀田家に言う言葉ない」大毅ら処分受け 19:04 (iza:イザ!)
 WBC世界戦で亀田大毅選手に判定勝ちした内藤大助選手は、亀田親子らの処分発表された15日夕、フジテレビ系「スーパーニュース」に出演し、処分の内容について「コミッションの出した結果。ボクとしては(感想は)特にない。
<ボクシング>内藤側が亀田大戦での反則行為をJBCに説明 [ 10月15日 21時05分 ]  毎日新聞
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者、内藤大助(33)と、所属する宮田ジムの宮田博行会長は15日、日本ボクシングコミッション(JBC)を訪れ、11日の亀田大毅(協栄)戦で相手から受けた反則行為について説明した。宮田会長は調査とWBCへの報告書提出を求める要望書も提出した。
亀田一家に暴走許した「JBC」と「TBS」 00:14 iza:イザ!
 相手を挑発するパフォーマンスで賛否の渦を巻起こしてきた亀田父子に厳罰が下った。これまで目立っていたのはリング外での言動だったが、世界戦のリングを汚した反則行為の数々に世論は一斉に反発、及び腰だった日本ボクシング協会(JBC)も厳罰で臨まざるを得なかった。人気低迷の起爆剤として亀田人気に寄りかかり問題行動の芽を摘み取れなかったJBC、視聴率のとれるタレントのように担ぎ上げてきたテレビ局。ブームに乗った両者にも責任の一端はありそうだ。
世論は84%が「甘い!」亀田家処分 08:32 (サンスポ)
 亀田家などに下った処分を受けて、父・史郎さん(42)とガチンコ舌戦を繰り広げたことがある漫画家、やくみつるさん(48)ら識者らからさまざまな意見が飛び出した。「妥当」という声や「甘い」という不満も。インターネットサイトのサンスポ・コムで行った緊急世論調査には、2時間で1万2440件の有効回答が寄せられ、うち83.8%に当たる1万420人が「甘い」と糾弾。地元の葛飾区では「葛飾から追い出した方がいい」という追放を求める声まで聞かれた。
亀田選手の処分は「当然」 渡海文科相が処分に言及 [ 10月16日 10時37分 ] 共同通信
 渡海文科相は16日午前の会見で、日本ボクシングコミッション(JBC)が世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで反則行為を繰り返した亀田大毅選手をライセンス停止1年間としたことについて「処分は当然。JBCが早い段階で対応。あれでよかった」と述べ、対応は妥当との考えを示した。
追放寸前だった亀田パパ…東協理事会の一部始終 [ 10月16日 17時05分 ] (夕刊フジ)
 15日、JBCから史郎氏のセコンドライセンス無期限停止など厳罰を科された亀田一家。JBCによる量刑を方向付けたのが、直前にあった東日本ボクシング協会(東協)理事会の総意だった。理事会では史郎氏に対し、永久処分に匹敵する「ライセンス剥奪」が可決寸前だった。激論となった理事会の一部始終を詳報する。
条件守らなければ亀田一家解雇も 金平会長厳命 08:24 (iza:イザ!)
 亀田家、解雇も!! ボクシングの協栄ジム・金平桂一郎会長(41)は16日、滞在していたロシアから緊急帰国し、前日、日本ボクシングコミッション(JBC)から厳罰処分を受けた亀田家について、解雇する可能性も示唆した。今後、父・史郎氏(42)と話し合い、WBC世界フライ級王者・内藤大助(33)=宮田=へはたらいた反則行為について謝罪を促す。そのほか、ジムが提示する条件を亀田家が拒否した場合、一家そろって“粛正”する強硬措置を取る。
この記事へのコメント
常識のある人間とは思えない言動続きで嫌気が出ていたところで、今回の騒動にはいささか閉口しました。
数え上げればきりが無いが、15歳年上の人間に対しての言葉使い(試合前の罵り合いとしても)、亀田父の態度、視聴率至上主義のTBSサイドの放送内容(馬鹿アナウンサー・馬鹿解説者)、協栄ジムの方針(昔から勝ためには手段を選ばず!)

Posted by 曽根 秀典 at 2007年10月15日 16:23

>>WBC世界フライ級タイトルマッチで反則を繰り返した亀田チームはJBCから厳罰が科せられそうだ。
 迅速な処理だなぁ。安倍晋三や相撲協会とは大違いだ。

私は協会も亀田チームの一員だと思います。本来なら、肉親はセコンドにつけないとWBCルールで決まったのに、協会は内藤サイドから指摘されたにも関わらず、特例として認めていますし、これまでの亀田チームの様々な問題行動についても、ほぼ黙認状態…。やっと世論が反亀田になったので、もう亀田人気は必要ないとばかりに、今度は協会は亀田を擁護せず処分…。まるでトカゲのシッポ切りみたいで、その変わり身の早さに、逆に不信感が大きくなりました。人気によるファイトマネーの変動や、世界戦への挑戦権など、単に実力だけでは上に行けない、興行的な部分が大きいボクシングなだけに、ルールについてくらい、全て同基準にしていないと、もう、世間からスポーツとは見られなくなってしまいます。協会が「人気」と「注目度」に目がくらみ、特例を作っていった積み重ねが、今回の問題の一番の原因なのではないでしょうか?

Posted by コウ at 2007年10月15日 17:09

私は協会も亀田チームの一員だと思います。本来なら、肉親はセコンドにつけないとWBCルールで決まったのに、協会は内藤サイドから指摘されたにも関わらず、特例として認めていますし、これまでの亀田チームの様々な問題行動についても、ほぼ黙認状態…。
 そうだったのですか。
 どこの業界も金儲けになるとなりふり構わないんですね。ちっ(怒った顔)
 しかし、トカゲの尻尾の切り落としが迅速だったことは評価できると思います。
 北の湖は時津風部屋事件が表沙汰になってからトカゲの尻尾を切り落とすまで相当な日数を要したし未だに煮え切らない態度をとり続けています。
 安倍晋三はトカゲの尻尾を切り落とそうとせず自殺に追い込んだり他人の手で尻尾を切り落とされたりしています。挙げ句の果てに胴体をぼろぼろにし抛り出しています。
 それらの行動に比べたらボクシング協会の今回の措置はなかなかのものだと思います。
 後はレフェリーが試合を続行させたことに対する処分とWBCルール違反に対する黙認に対する理事の責任を早急にとって欲しいものですね。

Posted by 島谷 at 2007年10月16日 03:15

囲碁の世界戦で負けそうな挑戦者が試合中に相手の顔に唾を吐きかけ、大声で怒鳴り罵声を浴びせるような行為でしょうか。

こんなことしたら、囲碁界ではどんな処分になりますかねえ。

Posted by BK at 2007年10月16日 05:45

 依田9段の石音が高すぎるとクレームをつけられたことがありましたね。

 昔はタバコの煙を相手の顔に吹きかけたりということがあったようですね。
 昔は立場が下の人は些細な不作法を許さず上の人は無礼ご免だったようですね。

Posted by 島谷 at 2007年10月16日 05:58

林海峰の扇子の音がやかましいと、藤沢が林海峰に怒鳴ったことがありましたね。 石音が高すぎるとか、扇子の音がやかましい、ぐらいなら反則負けにはならないでしょうけども、顔に唾を吐きかけ、大声で怒鳴りまくったら反則負けになるでしょうねえ。
世界戦なら数年間出場停止ぐらいになるんじゃないでしょうか。

Posted by BK at 2007年10月16日 06:24

 当人だけではなくチームも責任を取らされるんじゃないでしょうか。

Posted by 島谷 at 2007年10月16日 06:41

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

タイトル: 厳罰か軽罰か?(亀田一家へJBC処分編)
概要: 15日付エキサイトニュースが速報で報じているが、亀田一家に対する処分が決定したらしい。それに依ると、「亀田大毅は選手ライセンスの1年停止」、「セコンドの亀田史郎氏はセコンドライセンス無期限停止」、「同..
ブログ名: 時評親爺
日時: 2007-10-15 21:14