2007年10月12日

ボクシング嫌いの戯言

反則、ラフ攻撃…「ボクシング汚された」 01:08
 ブーイングが吹き荒れる。果たしてこれがボクシングなのか。12回。なすすべのない亀田大は、王者の両足を抱えてレスリングのような投げ技をうった。この回だけで、3点の減点。
 相手の宮田博行会長は「ボクシングを汚された」と憤り、協栄ジムの金平桂一郎会長も、「これはボクシングですか」という記者団の問いに「12回はそうとられても仕方ない」と力なく話した。
 吾輩は相撲番組、ボクシング番組、プロレス番組が大嫌いだ。
 相撲番組は吾輩が楽しみにしている番組を潰されるので嫌いという単純な理由だがボクシングやプロレスは人の身体を傷つけることを目的とする競技そのものが大嫌いなのだ。
 だから昨日世界選手権があったらしいが見ていない。
 今朝ネットを開くと亀田に対してブーイングの記事が目に付いたので思わず覗いてみた。
 吾輩は亀田の人となりを知らないがテレビで見た範囲では反吐を催すゴロツキだ。
 ボクシングは反則をしても減点だけなのだろうか。もし減点だけなら反則で相手にダメージを与え後のラウンドでノックアウトを狙う戦略をゴロツキならとっても不思議はないだろう。
 サッカーのように反則を何回か重ねると退場処分にするようになっていないのだろうか。
 反則常習者は追放処分にすることをしないのだろうか。
 それともボクシングはプロレス同様あるていどの反則を認められているのだろうかしらん。
この記事へのコメント
亀田って腹切り王子のあの亀田のことですか?
ボクシングがどんだけ強いか知りませんが、私は亀田親子を応援する気にはなれません。
今回はどういう魂胆で醜い反則をしたのか知りませんが(あの親子のことだから、話題作りか?という気もしますが)、目障りだからこれ以上取り上げないで下さい。>マスコミ(TBS)


Posted by ishikawa at 2007年10月12日 17:37

 人を見かけで判断してはいけないことなのですが初めてテレビで亀田を見たときイジメラレッ子だった私メは生理的嫌悪感を覚えました。その後の言動を見て暴力団員としか感じられませんでした。
 今回の反則報道を見てもあの一家ならやりそうなことだと思いました。
 昨日のテレビニュースを見ると反則は1回だけではないようですね。
 苦し紛れにしてしまった反則ならベンチに戻ったときコーチが注意するでしょうが繰り返し行うことはチーム全体の計算ずくなんでしょうね。
 ボクシング嫌いの私メは繰り返された反則に減点しか科さないボクシングがますます嫌いになりました。

Posted by 島谷 at 2007年10月13日 03:41

 TBSも見限ったようですね。
ttp://www.j-cast.com/2007/10/12012184.html

Posted by 島谷 at 2007年10月13日 11:39

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

タイトル: 「HARAKIRI」に応える日
概要: 11日付エキサイトニュース・毎日配信及び11日付IZAニュース他が報じているが、あの亀田一家の次男坊・亀田大毅選手が、WBCフライ級タイトルマッチで内藤大助選手に「大差」で完敗した模様である(笑)。不..
ブログ名: 時評親爺
日時: 2007-10-12 11:27

タイトル: 大毅の処分は追放が適当
概要: パチンコメーカーで今一番勢いのある京楽産業は、早々と亀田とのスポンサー契約を打ち切って賢かった。亀田をキャラクターにした機械を発売していたら今頃は大ブーイングを受けると共に、企業イメージが失墜している..
ブログ名: かきなぐりプレス
日時: 2007-10-12 21:47