2007年10月11日

魔が差した1手で右下隅全滅

**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
19┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐19
18├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤18
17├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤17
16├┼┼・┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┤16
15├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤15
14├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤14
13├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤13
12├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤12
11├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤11
10├・┼┼┼┼┼┼┤10
09├┼┼┼┼┼┼┤09
08├┼┼┼┼┼┼┤08
07├┼┼┼┼┼┤07
06├┼┼┼┼┤06
05├┼┼┼┼┼┤05
04├┤04
03├03
02├┼┼┼┼┼┼02
01└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘01
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
 吾輩は負け始めると歯止めがきかない。
 かつて複数の対局場をまたいで23連敗という誰にも負けない記録をもっている。
 負け始めると突然なんでこんな手を打ったんだろうという手を考えてた上でひょいと打つ。
 今回もキリを打たれたら白3と黒2子をカカエるつもりだった。
 ところがと打たれて気が変わってしまった。黒2のマゲがやけに手厚く見える。
マゲを打たれても白O2オサエ黒O3キリ白O4ツギで白3手黒2手で黒を取れているではないかと悪魔が囁く。
 悪魔の声に釣られてオシを打ってしまった。
 すさかずマゲ。
 よくみると白O2オサエ黒O3キリ白O4ツギは黒N2でO2の白石が取られてしまうではないか。
 あっというまに右下隅は全滅。
 ここで投了した。
 これで3連敗。
 もう今日は碁を打てない。
 名人戦第4局を観戦しろってことかな。
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック