2007年09月25日

死刑執行に法務大臣を関与させるな

「法務大臣に責任をおっかぶせない死刑執行を」鳩山法相 12:10
 鳩山邦夫法相は25日の閣議後会見で、死刑執行に関して「法務大臣が絡まなくても自動的に(執行が)進むような方法を考えたらどうかと思うことがある」と述べ、死刑執行に必要な法相のサインがなくても自動的に執行が行われるようなシステムをつくるべきとする考えを明らかにした。問題提起としたうえの発言で、法務省に検討は命じていないという。
 鳩山法相は『法務大臣に責任をおっかぶせるような形ではなく、半年以内に死刑執行されなければならないと自動的に進むような方法がないのかなと思う』と発言した。
 吾輩は双手を挙げて大賛成である。やっとまともな発言をする法務大臣が現れて嬉しい。
 死刑の判決が出されても法務大臣が署名しなければ死刑の執行ができないということは司法の独立を阻むものではないか。
 死刑の執行に署名しないとほざいた法務大臣がいたことを思い出す。このバカ大臣が署名しないと死刑の執行ができないということは政治家が司法を支配していることになるではないか。
 現在は死刑が確定してから執行されるまで数年を要しているようだ。その間死刑囚には食事も与えなければならないし病気をすれば医療も必要だろう。これらの費用は国税から賄われる。死刑が確定したら速やかに死刑を執行すべきだ。
 鳩山法相は法務省に検討を命じていないというが至急検討させて刑事訴訟法475条の法務大臣の命令によるの条文を削除して欲しい。
この記事へのコメント
国民が馬鹿でなければ関係ないです。結果だけで判断するのは小学生低学年程度の子供です。知識ある国民はみんな知っています。死刑執行まではすべて法務大臣がやっているのではないですからむしろ経緯をたどれば裁判官が決定するのです(裁判官も一人だけで決めるのではありません)大臣は決定したことにサインするだけです。無実なのに死刑になることはありません、殺人犯より数千倍重い無実な人の命を複数殺した報いです、鳩山大臣ご苦労様でした。正義のためにも苦渋の決断を下されたすばらしい法務大臣です。

Posted by 涼 at 2008年06月18日 06:31

 鳩山大臣のような人なら正しく運営できますが、亀井静香のような奴が法務大臣になったら裁判の結果は無視されて死刑執行は行われないでしょう。

Posted by 島谷 at 2008年06月18日 06:48

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

タイトル: 「署名なしでの死刑執行」(鳩山弟編)
概要: 25日付エキサイトニュース・毎日配信及び同共同配信が興味深いニュースを報じている。前掲毎日配信では「<死刑>『執行は自動的に』…鳩山法相、辞職後の会見で」と題し、その鳩山邦夫氏の弁として、「判決確定か..
ブログ名: 時評親爺
日時: 2007-09-25 20:51