2007年09月04日

安倍首相はハメられたのかも

 お粗末な采配が続き自民党を死に体にさせてしまった安倍首相。与野党から引っ込めとブーイングが巻き起こっているのに首相の椅子にしがみついている。
 無理もない。いま椅子から降りたら二度と椅子に座ることができそうもないことを悟っているから必死になってしがみついているのだろう。
 もっと早い時期に椅子から離れていれば若い上に3代にわたる強固な地盤を抱えているからすぐに閣僚に復帰できたろう。
 また数年後には総理の有力候補にもなったろう。
 総理の椅子を狙う政治家にとって安倍は最大の競争相手に違いない。
 安倍を競争相手から外すにはどうしたらいいか。安倍を再起不能にしてしまえばいい。首相の椅子は高潮が押し寄せる波打ち際に置かれている。引き時を遅らせれば波にさらわれて海の藻屑となることだろう。
 首相の椅子に未練がましいのを利用して椅子に座り続けることを応援すればいい。
 世間知らずの安倍はまんまとその策略に乗って首相の椅子に座り続けている。
 やがて押し寄せる高波に飲み込まれて溺れ死ぬことになるのだろう。
 安倍が溺れ死ぬことは自業自得だがその間運転手不在で走り続ける自動車に乗っている国民の被害は計り知れない。
 政権が死に体の間にロシアは北方領土の既得権獲得工作を着々と進めるし拉致問題を棚上げして米朝会談がまとまりそうな方向に進んでいる。死に体の政権は口をぱくぱくさせるのが精一杯だ。
 乗客をホットケーキにして乗務員同士で椅子取り合戦をしないで欲しい。
この記事へのコメント
 PonkoさんのコメントをSendmail受信したので慌ててPCを起動しました。ところがSeesaaでは受信していないので転載します。最近Seesaaの不調がひどいです。
もし、あなたがサヨクの確信犯でなければ、あまりにも皮相的な見方なので一言。

安倍首相は首相の椅子にしがみ付いているのではない。使命感で首相を務めているのです。

反日偏向マスメディアに洗脳されて安倍憎し声に乗せられてはなりません。

裏には中国の黒い手が伸びているのです。

安倍首相が国を立て直そうとして沢山の法律を通しました。

民主党政権になれば日本は間違いなく中国の属国になるでしょう。
 私も民主党政権になるのを恐れています。
 しかし民主党政権になるとしたら安倍首相の責任が大だと思っています。
 彼は確かに沢山の法律を強行採決で通しましたね。
 しかし優先順序が間違っていると思いませんか。
 強行採決で両院を通すべきはテロ特措法だったのです。
 テロ特措法が廃案になったら安倍首相は右翼に暗殺されてもしかるべき失態を演じたといえるでしょう。
 これでPCの電源を落とすので次回のコメントは明朝になります。

Posted by Ponko(島谷) at 2007年09月04日 18:51

>>民主党政権になれば日本は間違いなく中国の属国になるでしょう。
>私も民主党政権になるのを恐れています。

 民主党政権にさせないためにも安倍を首相の椅子から引きずり下ろす必要があると思っています。
 安倍が首相の椅子にしがみついている限り自民党に票を投じるわけにいかないと思っている人はいっぱいいるでしょう。
 私は参院選では安倍にお灸をすえるために民主党に票を入れました。しかし安倍は居座り続けています。あの1票はなんだったんだと悔やまれてなりません。
 衆院選は政権につながるので民主党に票を投じるわけにいきません。しかし自民党が第一党になればみそぎが済んだと安倍が居座ることは目に見えています。公明党に票を入れるくらいなら共産党に票を入れた方がましです。投票する政党がありません。
 自民党に安心して票を投じることができるよう衆院選挙前には安倍に退陣して欲しいと願って止みません。

Posted by 島谷 at 2007年09月05日 04:48

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック