2007年08月28日

ブログペットは改良SNS

 遊び心でブログペット右サイドバーに設置してからいろいろいじくり回しているうちにブログペットはSNSの劣悪なユーザーインターフェースを改善したコミュニケーションツールであることを知った。
 ブログペットはSNSと異なり会員の紹介がなくてもユーザー登録できる。
 紹介がなければユーザー登録ができない会員制サイトは得体の知れない人間を排除することができるように思われるがそれは会員数が少ない間だけだ。会員が多くなれば紹介者の紹介者の紹介というような形で会員が増え出すため不法行為をする会員が増えるということはmixiで証明済みだ。それならばユーザー登録のために会員の紹介を必要とする条件は煩わしいだけだ。紹介制をなくしても管理者の承認を必要とするグループを作成することができれば得体の知れない人を排除したコミュニティを作成できるから心配ない。このことを悟ったgoxiは紹介制を廃している。
 SNSのコミュニティに相当するブログペットのグループもSNSより機能や操作性が優れている。
 ブログペットのグループは掲示板に相当するトピックの他トラックバックコミュニティの機能もある。
 SNSは新規コミュニティを作成するにはコミュニティタブを開き『コミュニティ検索・並べ替え』内の新規作成をクリックすることになるが慣れるまではこれを見つけるのに一苦労する。
 ブログペットはグループタブを開くと左サイドバーにグループを作成というメニューがあるのですぐにわかる。
 ブログペットのグループは公開レベル
  • 一般公開

  • ブログペットユーザーのみ

  • グループ参加者のみ
を選択できる。
 SNSのコミュニティはSNSに登録している人以外閲覧できないがブログペットの場合は一般公開にすればブログペットユーザー以外の人でも閲覧可能だ。
 ただし公開レベルに一般公開にしてもコメントの投稿やトラックバックはグループ参加者しかできないから部外者の書き込みの心配はない。
 グループの参加はグループの管理者の承認が必要か不要かを選択できる。
 公開レベルをグループ参加者のみにしてグループ参加を承認制にするとトピックは会員制の掲示板として利用できる。(グループ参加者以外はトピック表示欄に『トピックが登録されていません。』と表示される。)
 グループ参加を承認不要にしてもブログペットユーザーでなければ参加できない。
 メールアドレスを公開しないでユーザー同士で私信の交換ができるメッセージ機能も投稿フォームを開いてから送信先を選択できる機能がありSNSより使い勝手がよい。
 ブログペットはブログツールではあるがブログがなくても利用できるから便利なコミュニケーションアイテムとしてお薦めしたい。
 ブログがない場合でもブログペットにアクセスしMyページを開くと左サイドバーに
  1. プロフィール

  2. ブログペットフレーム

  3. ペットへのアクセス状況

  4. 友達リスト

  5. 参加グループ

  6. 今日の占い
が表示されるからブログユーザーと同じように利用することができる。
 ブログユーザーはブログペットを貼り込むことによりブックマーク機能やブログリーダー機能、ブックマーク機能などを使うことができる。
 ブックマーク機能には非公開ブックマークも登録できるから出先のコンピュータで自分専用のURLにアクセスしたいとき便利だ。
 ブログペットはKDDIの製品だが今後このようなブログとリンクするコミュニケーションアイテムを各社が手がけるようになりSNSに代わるのでないかという気がする。
 ブログペットはなかなか優れもののコミュニケーションアイテムではあるが現状では下記のような欠点がある。
  • HTMLタグを全く利用できない。
    HTMLタグは文字として表示されてしまう。

  • グループ管理者の権限が小さすぎる
    • トラックバックの削除ができない。
    • グループ参加者の除名ができない。
    削除機能はセキュリティ確保のために絶対に欲しい。

  • 投稿記事の修正ができない。

  • メッセージを閉じないと次のメッセージを開くことができない。
 これらの欠点は近いうちに改善する予定でそれまでは削除が必要になった場合は申し出て欲しいとのことであった。
 ブログペットのバージョンアップが楽しみだ。
posted at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報技術
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック