2007年08月14日

老化防止ピザ論争

 イタリアでは老化防止ピザと呼ばれているprimulaというピザが論争を巻き起こしているそうだ。
 このピザは全粒小麦粉などを原料としているので通常のピザの3倍の食物繊維と多くのマグネシウムや鉄分を含んでいる上にトマト、ハナダイコン、ニンニク、ズッキーニ、バジル、マッシュルーム、ニンジン、ホウレンソウなど少なくとも8種類の抗酸化作用に富む野菜が使われているので老化防止に優れているという。
 日本でも高齢化社会を迎え老化防止が脚光を浴びているがどこの国でも同じなんだなぁ。
 しかし老化防止対策の中には怪しげなものもいっぱいある象。
 この老化防止ピザもホントに老化防止効果があるかどうか眉唾だ。老化防止効果に関する論争かと思いきやピザ純粋主義者が国民食への冒涜だと批判しているのだそうだ。
 ピザ純粋主義者はピザの切り売りにも反対しているそうだ。
 どこの国にも頭の固い人間がいるものだ。
 日本でいうなら回転寿司は寿司への冒涜だというようなものだろう。
 碁でも正式な対局のときにはネクタイをしろと喚く御仁もいる。
 これらの頭の固い人間は時代に取り残されるのは身から出た錆だが社会のお荷物になるのが困りものだ。
 浜の真砂は尽きるとも世に意固地者の種は尽きまじがく〜(落胆した顔) 
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック