2007年06月30日

新世界七不思議はなにか

 21カ所の歴史的建造物や遺跡リストの中から新世界七不思議を選ぶコンテストの最終投票が7月7日に行われるそうだ。
 地理・歴史オンチの吾輩は世界七不思議というとピラミッドと万里の長城しか思い浮かばない。
 これは新世界七不思議というからにはこれは除外されると思っていたら万里の長城はリストアップされているようだ。
 しかしAFPニュースが取り上げているブラジルの巨大キリスト像、ノイシュヴァンシュタイン城、メキシコのチチェン・イッツァ、ペルーのマチュ・ピチュなんて吾輩にとっては初耳の名前だ。
 21カ所のリストはどうやって選んだんだろう。
 これも投票だったのだろうか。
この記事へのコメント
マチュピチュをご存じありませんか…、うーむ。

NHK 世界遺産の旅 【探検ロマン世界遺産 絶景!これが見たい ベスト30】
www.nhk.or.jp/sekaiisan/ranking/index0722.html
1位 1786票 マチュピチュ
2位 742票 モン・サン・ミシェル
3位 615票 イグアス国立公園

碁界でいうならイ・チャンホに相当する遺跡です。

なお、拙作の「方円の迷宮」は、遺跡巡りというコンセプトがあり、上記の多くをステージとして取り入れています。


Posted by hidew at 2007年07月01日 00:43

 上記3つとも知りませんでした。(/o\)
 私メは宮崎宣子アナを上回る天然なのでした。ふらふら

Posted by 島谷 at 2007年07月01日 03:29


NHKスペシャル|失われた文明 インカ・マヤ
www.nhk.or.jp/special/onair/070708.html

7月1日 (日)午後9時〜9時59分 総合
7月8日 (日)午後9時〜9時59分 総合
7月15日(日)午後9時〜9時59分 総合

失われた文明 インカ・マヤ
第1集 アンデス ミイラと生きる
第2集 マチュピチュ 天空に続く道
第3集 密林が生んだ二千年の王国


島谷さんがこの手の話に興味をお持ちでないことは承知していますが、あまりにタイミングがいいのでお知らせします。


Posted by hidew at 2007年07月01日 15:25

 お知らせありがとうございます。
 深夜番組なので再放送のとき見たいと思います。

Posted by 島谷 at 2007年07月01日 15:46

>7月1日 (日)午後9時〜9時59分 総合
7月8日 (日)午後9時〜9時59分 総合
7月15日(日)午後9時〜9時59分 総合

hidewさん、ご紹介ありがとうございます。
さっき新幹線で東京に戻ってきたところだったので、今日は見れませんでしたが、来週と再来週はぜひ見たいと思います。

Posted by Takkun at 2007年07月01日 23:17

>ブラジルの巨大キリスト像、ノイシュヴァンシュタイン城、・・・

「新世界七不思議」というよりも、各国がほこる「建造物名所」ですか?

原語では何と言っているのでしょう?

Posted by Takkun at 2007年07月01日 23:18

今年の2月にイースター島で主催のウェバー氏と会い、いろいろと話をしました。選択されている21の場所は誰がどうやって選択したのか疑問が残る、又このイベントはユネスコ(UNESCO)の「世界遺産」とは関係ない、などを承知の上で、世界各地のめったにいかれない遺跡、特殊な建造物に目をむけるには良い機会ではないでしょうか。オンラインの投票も、世界の誰もができるものではないので、それを承知で参加しました。7月7日にこのコラムにも結果を投稿します。今月末にイ島で考古学関係の仕事で移動します。私もメディア関係者であり、NHKをはじめ、多くの番組撮影に関与してきました。



Posted by Lazarus at 2007年07月07日 09:44

 Lazarusさん、初めまして。
 オンライン投票は誰でもできるものではないのですか。
 選ばれた人だけが投票できるんですね。
 私のような地理歴史オンチが投票に参加するとかえって変な結果がでるからその方がいいかもしれませんね。
 面白い情報があったらぜひ投稿してください。
 おしゃべり広場に新規スレッドでの投稿も歓迎します。
 これからもよろしくお願いします。

Posted by 島谷 at 2007年07月07日 10:04

島谷様

 早々に私のコメントに目をとおしていただきありがとうございました。貴殿のコメントを拝見し、私の表現が悪かったせいか、誤解を生じたことに気が付きました。ここにお詫びをすると同時に説明のし直しをさせていただきます。
 「選ばれた人」という表現をしましたがこれはインターネットが世界の万人に利用できるものははく、いまだに「快適なネットサーフィンライフのスタートライン」にすらつけない人が世界中に多くことを示唆するものです。高速回線常時接続の一般な日本人はやはり「恵まれた環境にいる」と言えます。
 投票はインターネットにアクセスでき、登録が可能であれば世界の誰でも参加できます。国籍、人種、性別、年齢、宗教、言語等には一切関係ありません。又投票者を選択する「評議委員会」があるわけではありません。そういう意味で世界一般投票を可能にした初のイベントであります。
 下記の21候補地は、ある人物を中心に評議委員会が選択したそうです。2007年度の最終結果は、最下部に記述しました。
 世界中の一般投票を可能にしたのはさすがインターネットのおかげですが、インターネットの普及率が高い、しかも大国の参加があると投票数が跳ね上がり、しかもこれらの国に候補地があれば、当然そこに最優先で投票するでしょう。
 投票の対象になるのは人気の高い場所であるより、地名度の高い場所である可能性が高く、21の候補地のある各国の世界地理、世界史への姿勢が間接的に大きく反映されます。自国の候補地を除き、他国の候補地に関しては、学校の教科書に記述されている候補地やガイドブックなどで紹介されている候補地が有利であるわけです。
 日本の皆様の中でこの21候補地をご存知の方がどのくらいおられるでしょうか。世界の僻地旅行志向や名跡探訪志向の方以外はご存知でない場所のほうが多いのではないでしょうか。
 初めてこのイベントのことを知られた方は来年、投票に参加されてはいかがですか。今現在、同団体は「世界の絶景」?!らしき候補地の投票を実施しています。詳細は www.new7wonders.com までどうぞ。
 下記の候補地で青ラインの候補地は私が投票した候補地です。ギザのピラミッドやモアイ像などが最終にのこらなっかたのは残念です。
 最後に一言。このイベントはユネスコの「世界遺産」とは関係ありません。今では多くの「不思議」が解明されていますが、この機会に世界の名所、遺跡、世界史、世界地理に目を向ける方が少しでも増えることを願います。


1. アクロポリス神殿 (ギリシア)
2. アルハンブラ宮殿 (スペイン)
3. アンコール・ワットの塔 (カンボジア)
4. チチェン・イツァのピラミッド (メキシコ)
5. イエス・キリスト像 (ブラジル)
6. ローマのコロシアム (イタリア)
7. イースター島のモアイ (チリ)
8. パリのエッフェル塔 (フランス)
9. 万里の長城 (中国)
10. 聖ソフィア大聖堂 (トルコ)
11. 京都の清水寺 (日本)
12. クレムリンと赤の広場 (ロシア)
13. マチュ・ピチュ (ペルー)
14. ノイシュヴァンシュタイン城 (ドイツ)
15. ペトラ (ヨルダン)
16. ギザのピラミッド (エジプト)
17. ニューヨークの自由の女神像(アメリカ)
18. ストーンヘンジ (イギリス)
19. シドニー・オペラハウス (オーストラリア)
20. タジ・マハル (インド)
21. トンブクトゥ (マリ)

2007年のトップ7

万里の長城 (中国)
ペトラ (ヨルダン)
イエス・キリスト像 (ブラジル)
マチュ・ピチュ (ペルー)
チチェン・イツァのピラミッド (メキシコ)
ローマのコロシアム (イタリア)
タジ・マハル (インド)


Posted by lazarus at 2007年07月12日 03:31

lazarusさん、ご丁寧なコメントどうもありがとうございます。
 ご紹介いただいたサイトは英語認知症の私メには呪文の行列なので見るのを諦めました。
 日本語のサイトができるのを待ちます。

 選ばれた遺跡のうち私が知っているのは万里の長城だけでしたがふらふらフジTVの大塚キャスターも半分はわからないと話しているのにほっとしました。わーい(嬉しい顔)
 世界の絶景も楽しみです。

Posted by 島谷 at 2007年07月12日 03:50

島谷様

実は表記されるはずの青線が表記されず、途中でマシンがダウンしたため、長いコメントを2回も投稿してしまいました。二回目も下線が表示されるはずでしたが、これも表示されませんでした。

ご指摘のありました日本語のページは投票期間中には存在していまた。私も確認しています。投票が完了してからは日本語をはじめ他のページはまったく見当たらず、英語ページのみのようです。

またライブストリーミングですが、ソフトまでダウンロードし、準備していましたが、一秒たりとも目にすることができませんでした。はたしてライブストリーミングされたかも疑問です。

私はライブストリーミングとVODこそがこれからのネット戦線の主流となると予想しています。

芸能人でこの手の僻地に精通するのはTBS「日立ー世界ふしぎ発見」のミステリーハンターの竹内海南江さんでしょう。おそらくは21候補地を過去に訪れておられるのはではないでしょうか。まったく羨ましい限りです。

Posted by lazarus at 2007年07月13日 06:15

二回目も下線が表示されるはずでしたが、これも表示されませんでした。
 コメントはセキュリティの関係で使用できるHTMLタグを制限していますが<u>タグなら使えるようにしてあります。
 下線が表示できなかったのは不思議ですね。
 調べてみたのですが原因不明でした。
 ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
私はライブストリーミングとVODこそがこれからのネット戦線の主流となると予想しています。
 メモリーが豊富なPCで高速回線に接続することが必要条件になりますね。

Posted by 島谷 at 2007年07月13日 06:27

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

タイトル: 新・世界の七不思議に、万里の長城など 清水寺は
概要: 世界の七不思議と呼ばれる古代建築物に代わる新・世界
ブログ名: ネット社会、その光と闇を追うー
日時: 2007-07-09 01:19