2007年06月04日

早慶戦の決勝戦

 今日は1勝1敗の後を受けて早慶戦の決勝戦。
 今回の早慶戦はハンカチ効果で空前の大賑わい。
 オイドンが学生時代の慶應に藤田投手がいたけれど外野席はがらがらが多かったぞ。
 そういえば藤田投手がいても慶應は優勝できなかったっけ。
 藤田投手が卒業して有力選手が入らなかったにもかかわらず監督が変わったおかげで優勝できた。
 あのとき初めて監督の重要性を痛感したものだった。
 藤田投手在学中に監督がしっかりしていたら早慶戦はもっと賑わったに違いない。
 それでもハンカチ効果には敵わないだろうなぁ。
 昨日・一昨日の神宮球場の過熱ぶりは尋常一様ではない。
 神宮球場は笑いが止まらなかったろう。
 しかし今日は決勝戦とはいえ早稲田の優勝は決まっているしハンカチ王子が出場するはずがないしで神宮球場は例年通りの入りなんじゃないかなぁ。
 今日の結果はどっちが勝ってもニュース報道はあっさりしたものなんだろうなぁ。


この記事へのコメント
春季リーグは惜しいところでしたね。
秋季にはリベンジを果たして、プレイオフに持ち込まれることと期待しています。

すまそ    囲碁の話でした;;

Posted by ちせつ at 2007年06月05日 00:40

 春は残念でした。
 早稲田囲碁部は強すぎてコリ形だ象

 野球の早慶戦決勝は負けたようです。
 新宿の盛り上がりをTVで見ましたが数十年前を思い出しました。

Posted by 島谷 at 2007年06月05日 04:00

 そういえば藤田元司投手は慶応でしたね。おいどんはプロ入りしてからの姿しか知りませんが、投げる姿が最も美しい投手として脳裏に刻まれています。

Posted by あど at 2007年06月05日 05:09

 オイドンはテレビで藤田投手の投げる姿を見ていないのでした。
 外野席では投球フォームが美しいかどうかよくわかりません。がく〜(落胆した顔)
 一人一人の観察はテレビの方がいいですね。
 オイドンは野球を見るより外野席でヤジるのが楽しみでした。:-p
 当時のオイドンの声は外野席からホームベースまで届いたのですよーん。
 打席に立ったときヤジりまくった早稲田のレフトが守備についたときオイドンに手を振ったので聞こえていたと確信しました。

Posted by 島谷 at 2007年06月05日 05:42

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

タイトル: 2季連続、早稲田大学が優勝!
概要: 諸君、元気ですか。 麻疹に罹っていませんか? ”大学情報【大学ブログ】大学検索”の大ちゃんです。 東京六大学野球、2007年春季リーグ戦は早稲田大学の優勝が決まりました。 今日の神宮は..
ブログ名: 大学情報【大学ブログ】大学検索
日時: 2007-06-05 14:11

タイトル: 早大連続V、斎藤佑樹が勝利投手 東京六大学野球
概要: 斎藤佑樹投手の活躍で盛り上がる東京六大学野球春季リ
ブログ名: ネット社会、その光と闇を追うー
日時: 2007-06-05 16:12

タイトル: 王子の凄さ
概要: 六大学野球の早慶戦。 昨日慶応が意地の大勝で勝てばプレーオフへ。 早稲田が落ち着ければ連覇が決まるという一戦。 昨日チラッと見た時は慶応が5点取ってた。 斉藤が打たれたのかと思い、確認するも違う選手..
ブログ名: FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜
日時: 2007-06-05 22:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。