2007年05月28日

郷には入れば郷に従えかな

 シマンテック社のノートン・アンチウイルス中国版がWindowsXPの2つのシステムファイルをウイルスと間違え削除する事故が発生したそうだ。
 この結果数百万台のパソコンで再起動やWindowsの再インストールができなくなったと新華社通信が報じている。
 ノートン・アンチウイルスといえば信頼性が高いセキュリティソフトで我が国ではこれがプリインストールされて販売されているパソコンが少なくない。
 信じ難い誤動作が中国版で発生したのは粗悪品が多い中国製品に歩調を合わせたのだろうか。
posted at 06:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報技術
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック