2007年05月04日

第49回世界卓球の女子選手

 第49回世界卓球は5月21日〜27日にクロアチアの首都ザグレブで開かれる。
 後3週間だ。o(^-^)o
 今日はテレビ東京の世界卓球2007オススメで女子チームの選手が紹介された。
 福原愛、石川佳純、福岡春菜、平野早矢香、藤沼亜衣、藤井寛子、樋浦令子(順不同)の7名だ。
 福原愛選手はフォームとラバーを変えて特訓したという。
 なるほどビデオを見ると今までのチョコマカしたフォームからオーソドックスな力強いフォームになっている。大いに期待できそうだ。
 ジャパントップ12大会で4位に入賞した石川佳純選手は女子ダブルスと混合ダブルスに出場でシングルスには出場しない。
 石川佳純選手は責任を感じる団体戦よりのびのびと戦える個人戦の方が好きだというから彼女のシングルスがないのが残念だ。
 しかし女子ダブルスはオーソドックスで根性の塊の平野早矢香選手と組むから取りこぼしなく勝てるのではないかと期待が高まる。
 また石川佳純選手は占いやジンクスにはこだわらないという精神力の強さをもっているからダブルスでもプレッシャーの重圧に押しつぶされないで戦ってくれるに違いない。
 王子サーブが武器の福岡春菜選手はサーブの種類を増やし18種類になったという。どんな戦いをするか楽しみだ。


この記事へのコメント
 今日も10時からテレビ東京で日本人選手ばかりではなく中国チーム、韓国チームの選手紹介が放送された。
 中国は卓球人口3億人だという。
 しかも卓球でメダルを取ると英雄扱いで好待遇を受けるという。
 強いわけだ。
 ハングリーでない日本はどこまで頑張れるだろう。
 世界卓球の中継は時差の関係で深夜放送になるので見ることができない。もうやだ〜(悲しい顔)
 翌日のスポーツニュースではチョビッとしか放映されないんだろうなぁ。
 夜起きられない躰が恨めしい。

Posted by 島谷 at 2007年05月06日 15:29

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。