2007年03月28日

国民投票修正案提出

 国民投票案がやっと提出された。
 民主政治なのに国民投票ができないというのは異常事態としか思えないのだが異常事態が半世紀以上も続いたのは呆れかえるほかない。
 国民投票法が成立したら憲法改正案の国民投票以外にも大いに活用して欲しい。
 吾輩としては衆議院で通過した法案が参議院で否決された場合は可否を国民投票で決するようにして欲しい。
 そうすれば郵政民営化選挙のように時間と金を浪費する馬鹿げたことがなくなるだろう。
 また2院制の価値が高まろう。
 国民投票を時間と金をかけずに実行できる方法を真摯に検討して欲しい。
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック