2007年03月14日

小田急あんしんグーパス

 小田急線は小学生が自動改札機を通過した際に保護者の携帯電話へ通過情報をメールで希望者に無料で配信する小田急あんしんグーパスを4月1日から開始するという。
 ただしメール受信時のパケット代は利用者負担だ。
 小田急あんしんグーパスは03年から提供している自動改札機連動型携帯電話向け情報配信サービス小田急グーパスを応用したもので会員登録した子どもが定期券で自動改札機を通過すると保護者の携帯電話へ子どもの名前、日時、通過駅名と入場・出場情報を初電から終電まで配信するようになっている。
 駅の改札機通過情報を保護者の携帯電話に配信するのは関東の鉄道会社では最初だそうだ。
 学童が被害者になる犯罪が横行する物騒な世の中だから小田急線で通学させる小学生をもつ親にとってこのサービスは朗報だろう。
 ほかの鉄道会社でもこのようなサービスを導入すべきだと思う。
 また情報配信は携帯電話以外のメールアドレスにも配信できるようにすると実用性は更に高まると思う。
この記事へのコメント
徘徊老人監視用に最適ですね。そのうち身体の中にICチップが埋め込まれそう・・・

Posted by あど at 2007年03月14日 05:27

 おむつにICチップならすぐにでも実用になりそうですね。

Posted by 島谷 at 2007年03月14日 05:31

小学生が帰宅途中に寄り道できなくなってかわいそうな気もしますが、危険防止ならいっそ欧米諸国のように小学生には大人の送り迎えを義務付けたらどんなものでしょうね。そうすれば遠くの小学校に通う子が少なくなるでしょうし。

Posted by moto at 2007年03月14日 23:29

>小学生が帰宅途中に寄り道できなくなってかわいそうな気もしますが、

かわいそうというよりも、「道草」は子供の心の成長に非常に重要だと思っています。現代の大人の世界でも、効率ばかりを追っかけていることが、社会のゆがみを生じているのではないでしょうか?

何か、一日の行動もプログラムされたとおりに動くのが良いような価値観になってしまいそうで・・・(予定時間通りに通過しなかったら、親は心配するでしょう。つまり安心のためと言いながら、親の不安を煽るとともに、子供の心の成長を妨げるシステムになると危惧します。)

まあ、小田急は「儲かればいい」のでしょうが。

>徘徊老人監視用に最適ですね。

おっしゃるように、老人のためではなく、老人監視者のためなんですね。子供のパスも、子供のためではなく、(それはしゃあないとは言え)大人のためなんです。

善悪以前に、そういう発想が好きではありません。

Posted by Takkun at 2007年03月14日 23:54

分かった。これはきっと残業だと称して飲み屋に寄って来る亭主を監視したい奥様族のために開発したシステムなのだ。

Posted by moto at 2007年03月15日 00:49

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック