2007年02月17日

PC使いの憂鬱

 PCショップを訪れると展示されているWindowsPCはWindows Vistaになっている。
 これから新しくWindowsPCを買う人はVistaになるのだろう。
 まったくPCを使ったことのない人が新規購入するのなら問題ないがPCの買い換えの場合Vistaに対応していない周辺機器をもっていたらどうするのだろう。
 周辺機器メーカーがVista対応のデバイスドライバを提供してくれれば問題ないがサポートを打ち切られた機器の場合は悲劇だ。
 またVista対応でないツール類も使えなくなりそうだ。
 オイドンの指はダイアモンドカーソル依存症になっている。
 ダイアモンドカーソルでないキーボードは使いたくない。
 XPにしたときもキーボードをダイアモンドカーソルにするのに一苦労した。
 hidewさんから教わった窓使いの憂鬱をインストールしてやっとまともにXPを使えるようになった。
 ところが窓使いの憂鬱は開発終了しVistaには対応しないという。
 オイドンは当面Vistaを購入する予定はないがいまのPCが壊れたらVistaにならざるを得ないだろう。
 そのときまでにキーボードをダイアモンドカーソルにするツールが開発されているだろうか。
 GUIの時代になってからダイアモンドカーソル依存症の人は激減しているようだからニーズが少なく開発されないかもしれない。
 考えるほど憂鬱になる。
posted at 05:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 情報技術
この記事へのコメント
 一切自宅には周辺機器がないので気になりませんが、そのうちXPが壊れてWindows Vistaを購入せざるを得なくなったら面倒だなあと思ってしまいます。せめてあと10年は元気に動いてほしいです。

Posted by あど at 2007年02月17日 06:42

 禿同
 舞黒祖父徒はXPのサポートを後5年で打ち切るようですが困ったものです。がく〜(落胆した顔)

Posted by 島谷 at 2007年02月17日 06:53

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック