2007年02月11日

優勝したのは平野早矢香なのにぃ

SANSPO.COMより引用 ジャパントップ12大会は平野早矢香選手が優勝した。\(^o^)/
♪└|∵|┘♪┌|∵|┘♪└|∵|┘♪
 嗚呼それなのに、それなのに、朝の日本テレビNNNニュース・サンデーでは決勝で対戦相手の福原愛選手がメインの扱い。
 平野早矢香選手の凛々しい顔が写るのは福原愛選手のスマッシュがきまったときの卓球台の向こう側にいるときだけだ。
 優勝したのに平野早矢香選手は刺身のツマ扱いだ。ちっ(怒った顔)
 平野早矢香選手はあまりにもオーソドックスだから人気が出ないのかなぁ。
 期待の星、石川佳純選手は運悪く平野早矢香選手と同じ山なので準決勝でぶつかり敗退してしまった。
 反対側の山で福原愛選手を破り決勝に進出し平野早矢香選手と決勝戦を争うことになったらどんなに素晴らしかったろう。
 ザグレブで行われる5月の世界選手権で両選手の活躍を期待して止まない。
この記事へのコメント
私も含め福原以外に誰も知らないのが普通で
師匠が平野選手など良く知ってるのには
正直驚く。

未だ福原が居るだけ卓球は救われている。

いなかったら平野選手は名前も出て来ないだろう。
福原の試合には報道陣も集るが
途中で負けるとtvも皆帰るし、
「決勝、どっちが勝っても良いわ」
となるでしょう。それが正しい現実ですね。

Posted by chr at 2007年02月11日 21:58

確かにもうやだ〜(悲しい顔)。・゜゜・(×_×)・゜゜・。

Posted by 島谷 at 2007年02月12日 03:50

>未だ福原が居るだけ卓球は救われている。
いなかったら平野選手は名前も出て来ないだろう。

まことにごもっとも。
卓球は広告塔の愛ちゃんがいるおかげで、平野選手も石川選手も十分に得をしていますね。小生はソフトテニスをずっとしていますが、全国ネットでテレビに写ったことがないですよ。(20年ほど前に京都国体があったときに、京都テレビで少しだけ映りましたが)硬式テニスでも、シャラポワやヒンギスは映っても、日本人選手は杉山愛がたまに映るだけでそれ以外の選手がテレビに映ったのを知りません。
競技人口は、硬式テニスもソフトテニスも卓球よりは多いと思いますが。

Posted by Takkun at 2007年02月12日 13:59

 囲碁はマイナーですがテレビに映ることがあるだけ軟式テニスやフェンシングよりはましですか、、、、

Posted by 島谷 at 2007年02月12日 14:48

>日本人選手は杉山愛がたまに映るだけでそれ以外の選手がテレビに映ったのを知りません。

以前伊達が強かった。
サーブレシーブで構えている時の姿は
どこ一つとして隙が無い。
これは強いと思ったね。

個人的にはトレーシーオースチンが好きだった。
ナブラチロワと決勝で対戦した時、(確か全米オープン)
ずっと我慢のテニスで最後に勝った時の笑顔は
綺麗で良い笑顔だったな。

Posted by chr at 2007年02月12日 21:48

我が家で取っている新聞は平野選手を写真入りで大きく扱い、12月の世界選手権選抜予選の15戦全勝を含めて去年の半ばから負けなしの好調振りを詳しく紹介していました。愛ちゃんも石川選手も載っていましたが、平野選手よりは目立ちませんでした。

Posted by moto at 2007年02月14日 17:51

 motoさんのお取りになっている新聞は素晴らしいですね。\(^o^)/
 ジャパントップ12大会を報道するならそうでなければいけないと思います。

Posted by 島谷 at 2007年02月15日 03:54

>motoさんのお取りになっている新聞は素晴らしいですね。\(^o^)/

そのすんばらしい新聞名は何新聞ですか?
疑う積もりは有りませんが
月曜ばかりを一寸ザーと調べたいと思ったので。

「やっぱりウタガットルんかい」


> ジャパントップ12大会を報道するならそうでなければいけないと

「ジャパントップ12大会」とは
どういうものなのでしょうか?
こちらは単なる疑問。よろしく。


Posted by chr at 2007年02月16日 21:50

 ジャパントップ12大会は「大林カップジャパントップ12卓球大会」が正式名称で日本卓球協会主催、東京都卓球連盟主管、大林組・日本卓球公認工業会・日新オイリオグループ協賛の卓球大会です。

Posted by 島谷 at 2007年02月17日 04:25

12は何でしょうか?
ベスト12すか。

ベスト8とかベスト10は聞きますが
12は初めてです。

12で他には
ラグビーで南半球の12があるなー。
nz4チーム、aus4チーム、南ア4チームの12チームです。
他に12は?anything else?


Posted by chr at 2007年02月17日 20:47

 12ってなんでしょうねぇ。
 わかりましぇん。

Posted by 島谷 at 2007年02月18日 04:50

>そのすんばらしい新聞名は何新聞ですか?
疑う積もりは有りませんが月曜ばかりを一寸ザーと調べたいと思ったので。<

東京新聞です。私は過去に三大紙(死語でしょうか)と産経を取っていたことがありますが、2年ばかり前から東京新聞を購読し始めました。(ちなみに私は神奈川住民です。また倹約のため夕刊は取っていません。)
東京新聞はすんばらしいと私は大変気に入っています。その理由は、5紙の中では昔風に言えば赤新聞化(これも死語か?今風にいえばテレビのモーニングショウ化)の度合いが少ないからです。
特に毎日2ページを裂いている「こちら特報部」というセクションを愛読しています。先日の柳沢大臣の女性機械発言の際に、田村隆一の詩を引用して批評記事を載せたのもこの欄でした。2日前には防衛庁の秘密漏洩問題を扱っていまして。記事に関連して、片隅にある「デスクメモ」という個人記者の感想欄に”6年前のえひめ丸事故の時は、アメリカのメディアに抜かれっぱなしで、完敗だった”と自嘲のコメントが書いてありましたが、私はこんなにも我彼のメディアの実力差を自ら認めたジャーナリストは他に知らず、その姿勢にますます好感を持つに至りました。
もっとも漫画、文化欄、科学記事に関しては5紙の中では産経と最下位を争う程度と判断しています。なお私は社説は読みません。

Posted by moto at 2007年02月19日 15:42

 東京新聞ですか。
 さっそく東京新聞のHPをマークしました。
 これから毎日見るようにします。
 ありがとうございました。

PS
 motoさん、いま神奈川県にお住まいなのですか。
 ハワイとばかり思っていました。

Posted by 島谷 at 2007年02月19日 15:57

前の投稿の誤字訂正です。
 誤:裂いて −>  正:割いて

PS:
私は川崎市(1年前までは柿生の里、今は新百合ヶ丘)に住んでいます。同じ小田急線ですから島谷さんの隣人ということになるでしょうか。

昔qinさんやhidewさんと「碁界評論」でワイワイやっていた頃はハワイにいましたが、5年ばかり前に帰国しました。2年前に数ヶ月フィジーで暮らした以外はずっと川崎です。

Posted by moto at 2007年02月19日 18:41

>東京新聞です
東京新聞はちょっと無いと思う。残ネーン。
失礼しました。

Posted by chr at 2007年02月19日 22:08

 motoさん、ハワイからお戻りになってもう5年ですか。
 碁界評論にはmotoさんも参加されていらっしゃったのでしたか。
 あそこはTakkunさんがのめり込みそうなサイトですね。

Posted by 島谷 at 2007年02月20日 09:02

碁界評論には時たま投稿していました。私は当時あそこにおられた皆さんのような論客ではないので出入り禁止にはなりませんでしたが、自然に足が遠のき、wakabaさんの掲示板に移りました。次が囲碁端会議室で、現在はこの部屋に草鞋を脱いでいるというわけです。
確かにTakkunさんとC爺が議論を始めたら白熱するでしょうね。それにしてもあの「大斜しまり」の命名者quonta(?)さんはどうされているのでしょうか。




Posted by moto at 2007年02月20日 17:47

確かにTakkunさんとC爺が議論を始めたら白熱するでしょうね。それにしてもあの「大斜しまり」の命名者quonta(?)さんはどうされているのでしょうか。
 何回目で出入り禁止になるか楽しみですね。^^
 quntaさんはどうされてるんでしょうね。
 県代表クラスの棋力の方と思いますのでこちらに顔を出していただけると嬉しいのですが、、、
 私のサイトの常連だったOKさんも姿をみかけなくなりました。
 そういえば棋譜大好きさんのお姿もみかけません。
 寂しいなぁ、、、、、
 motoさん、見捨てないでこれからもよろしくお願いいたします。

Posted by 島谷 at 2007年02月21日 03:08

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック