2007年02月08日

朝一シルバーは貸し切り状態

 今朝の丸沼は透き通るような青空だ。晴れ太陽の陽射しが眩しい。
 ゴンドラで山頂に上がると谷川岳を筆頭に山並みがくっきりと青空の下に映える。
 景観を思い切り堪能してからしらねへ向かって滑り出す。
 しらねのゲレンデには昨夜の雪がうっすらと冠っていてシュプールが見えない。
 やったね。手(チョキ)一番乗りだわーい(嬉しい顔)
 深い新雪は板が刺さって滑りにくいが数cm程度の新雪は板の当たりが柔らかくとても滑りやすい。
 快適に滑り降りると横一列にブッシュが並んでイラクイラクと叫んでいる。がく〜(落胆した顔)
 ブッシュを避けて左へ逃げて行くと幸い左端にブッシュの切れ目があったのでそこから快適に下まで滑り降りることができた。わーい(嬉しい顔)
 しらねの下はシルバーだ。
 ここもうっすらと雪が積もっていて絶好のコンディションだ。\(^o^)/
 処女雪を蹴立てて快適に第3ペアリフトまで滑り降りた。
 第3ペアリフトからシルバーに向かうとまだ誰もいない。
 斜面にはオイドンのシュプールだけが残っている。
 3回目の滑走までこの貸し切り状態が続く。
 4回目のときからくら方向から4名ほどボーダーが来たが彼らは第3ペアリフトには乗らずそのまま下まで滑って行った。
 なんと第3ペアリフトもオイドンの貸し切り状態だ。
 おかげで5回目6回目ともゲレンデもリフトもオイドン独り占めだ。わーい(嬉しい顔)
 7回目に向かうとき第5リフトからスキーヤーが乗りシルバーに向かった。
 時刻は10時半。
 ぼちぼちとシルバーに人影が見えるようになった。

午後のゴールドも貸し切り状態だが

 昼食後ゴンドラを降りてからゴールドに向かってみた。
 ここもすこぶる付きの快適だ。
 第7リフトの降り場と合流するとリフトよりのコースは圧雪の跡が残ったままだ。誰も滑った形跡がない。
 第7リフトは運休しているししらねからゴールドに向かう入り口は非常にわかりにくいので滑り込んでくり人がいないのだろうか。
 ここも貸し切り状態だ。
 ただ、ここを滑るためには一番下のゴンドラ乗り場まで滑り降りてゴンドラに乗らなければならない。
 ちょっと面倒。
 しかし快適な滑りの誘惑にまけてリピートすることにした。
 3回目のリピートのとき仕切ロープが切れたところから第7リフトの方に向かって滑り降りた。
 すると死角にあったブッシュが足下に現れる。
 除けるまもなくブッシュの上を滑走。
 ガリガリと板が悲鳴をあげる。
 ブッシュの下は石か岩だったらしい。
 しっかり板を傷つけてしまった。
 ゴールドの滑走はこれでおしまい。
 シルバーを滑るために第3ペアリフトに向かった。
 シルバーエイジのスキーはシルバーに限る。わーい(嬉しい顔)

この記事へのコメント
記事又丹念に読まさせて頂きました。朝早くから豪快に滑っておられるようでそのお姿が目に浮かびます。

Posted by けすいせ ましよ at 2007年02月08日 19:17

 ブッシュは手ごわいので気をつけて下さい。イラク心配です。

Posted by あど at 2007年02月08日 19:43

 豪快というより乱暴に滑ってる感じです。がく〜(落胆した顔)
 オイドンの辞書には丁寧とか緻密という文字がないのでした。ふらふら
 ブッシュの手強さ痛感しました。

Posted by 島谷 at 2007年02月09日 03:32

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック