2007年02月06日

ネット文化は揚げ足取り文化か

 MSN毎日インタラクティブに掲載された下記の記事を読んで背筋が寒くなった。
 関西テレビ(大阪市北区)制作の「発掘!あるある大事典2」(1月23日に打ち切り発表)と前身番組の企画立案に携わった放送作家の高瀬真尚さん(45)が、インターネットの個人ブログで、「(日本人の)食行動について情報操作できるってことになる」などと記述していたことが分かった。1月20日のねつ造発覚後、ブログにアクセスが殺到し、その中には批判の意見などもあったといい、高瀬さん側は「誤解を与える文面だった」として、問題部分を削除した。
 問題部分は、「納豆ダイエット」の放送(1月7日)後、「納豆騒動って何だ?」のタイトルで同15日付で書かれた。各地の小売店で納豆の売り切れが相次いだことに「あれほど売れるなんて、我ながら驚いた」「凄(すご)い影響力だなあ。あるあるって」「ワタシは、この国の人たちの食行動について情報操作できるってことになる。怖い怖い。皆さん、ご安心を。そんなこと絶対しませんから」と記載していた。
 恐ろしいなぁがく〜(落胆した顔)ネットイナゴはこんな記事でも食らいつくんだ。グッド(上向き矢印)
 食行動が情報操作できるということを問題にしているらしいが揚げ足取りも甚だしい。わーい(嬉しい顔)
 ネットイナゴは文意を汲もうとせず文章の中に書かれている語句を切り出して食らいつくんだなぁ。
 幸か不幸か我がブログは来客数30名程度のマイナーだからさほど被害を受けないで済んでいるがメジャーだったらツッコミビリティが高い発言をする吾輩はネットイナゴの格好の餌食だろう。
 仲良し倶楽部だからネットイナゴの被害を受けないで済むというメリットでUIが悪くてもSNSが隆盛を極めるのかもしれない。
 しかし仲良し倶楽部はいったん揚げ足を取られて話がこじれると居たたまれなくなってしまう。
 こう見えても気が弱い吾輩は幾度もメーリングリストから退散するハメに陥っている。
 ツッコミビリティの高い人間はネット社会に適性がないのかもしれない。
この記事へのコメント
おいどんの場合客が殆どいないので気楽に個人メモを書けるという利点があります。揚げ足取りのネットイナゴが襲来したら自動的に消滅する運命でゴンス。(ーー;)

Posted by あど at 2007年02月06日 19:13

禿同
 私もさっさと畳みます。
 そういえば掲示板はずいぶん畳みました。

Posted by 島谷 at 2007年02月07日 03:26

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

タイトル: ネットイナゴ!祭りに群れ集う人ネット右翼より適当(産経)
概要: 「ネットイナゴ!祭りに群れ集う人ネット右翼より適当(産経)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =...
ブログ名: ブログで情報収集!Blog-Headline
日時: 2007-02-23 11:48