2007年01月25日

雪不足が続く苗場

 1月も下旬になるのに関越道は月夜野ICを下りるまで雪の気配すらない。
 月夜野ICを下りたところでちらほら雪が舞ったが少し走ると好天気になる。
 三国峠の手前でチェーンが必要という電光標識が表示されたが三国峠も雪がなく普通タイヤでも峠越えできそうだった。
 トンネルを抜け最初の信号で左折し始めて雪道になり雪が降り始めた。
 運転は楽だったがこんなに雪が降らないとスキー場は雪不足だろう。
 案の定男子スラロームはオープンされていない。
 今シーズン男子スラロームはオープン出来なさそうだとゲレンデコンシェルジュが嘆く。
 男子リーゼン、女子リーゼン、筍山山頂ゲレンデは滑れますよとゲレコンは言う。
 山頂ゲレンデが滑れるなら苗場まできた甲斐があるというものだ。
 さっそく筍山に向かおうと思ったら雪が激しくなり山の上の方が霞んでいる。
 筍山は午後のお楽しみにして午前は男子リーゼンと女子リーゼンをリピートした。

 昼食後第1ゴンドラ・筍山ロマンスを乗り継いで筍山に向かう。
 筍山ロマンスに揺られながら下を見るとゲレンデに草木がのさばっている。
 コース取りが大変そうだ。
 筍山ロマンスを降りてすぐのゲレンデ入り口は進入禁止になっている。
 少し下りたところの入り口から山頂ゲレンデに入る。
 雪質はいいが草木がのさばっているので避けながら滑らなければならない。
 前に何人か滑っているのでそのコースをたどって滑り下りた。
 再び山頂に向かい山頂ゲレンデに入る。
 草木を避けながら滑り下りていると急に雪が深くなり足を取られて雪の中に突っ込んだ。
 どうやらさっき滑ったところと違うコースに進んでしまったようだ。
 しかし筍山第2ロマンスの真下だから下には辿りつけるだろう。
 そのまま滑り下りて行くと下に滑走禁止のロープが張られている。がく〜(落胆した顔)
 オイオイそれはないだろう。
 行き止まりになるのだったらもっと上の方で進入禁止のロープを張るべきじゃないか。ちっ(怒った顔)
 ロープ以外の方向はすべて急な上り坂だ。
 板を外してもスキーブーツでは歩いて登れるような状況ではない。
 ロープの下の方にたけのこスカイラインを滑っている人が見える。
 えいexclamationままよexclamationっとロープをくぐって下に向かうことにした。
 雪に埋もれそうになりながら滑り降りたところたけのこスカイラインの土手の上に出てしまった。がく〜(落胆した顔)
 高さ3mくらいあるかなぁ、、、
 この土手を下りない限りコースに戻れない。
 しかし1回踏み込んだら制動は不可能だ。
 たけのこスカイラインを滑る人がいる間は下りたら危険だ。
 しばらく待って滑る人がいなくなったところでえぃっと土手に踏み込み全身でずるずるっと滑り落ちるようにしてコースに戻ることができた。
 こんな狭いところでさえ道に迷うのだから雪山で遭難する人がでるのは無理ないなぁ。

この記事へのコメント
欲深き人の心と降る雪は
     積もるにつけて道を失う。

自戒の言葉です。

Posted by たくせん at 2007年01月25日 19:14

 耳が痛いがく〜(落胆した顔)耳がちぎれるぅ〜ふらふら

Posted by 島谷 at 2007年01月26日 04:20

地球温暖化で毎年雪少なくなって行く感じがしまして、10年先はどうなるのかと気になりますね〜。

Posted by けすいせ ましよ at 2007年01月27日 11:11

 農作物に影響が出て飢饉になると困りますねぇ。がく〜(落胆した顔)

Posted by 島谷 at 2007年01月27日 13:57

 そのまま滑り下りて行くと下に滑走禁止のロープが張られている。
 オイオイそれはないだろう。
 行き止まりになるのだったらもっと上の方で進入禁止のロープを張るべきじゃないか。
 この件に関して苗場スキー場ゲレンデコンシェルジュの担当者から丁重なメールを頂いた。
筍山山頂正面ゲレンデの仕切りに関するご意見に関してですが、
パトロールに仕切りの総点検をさせ、お客さまにご指摘頂きました箇所の
仕切りの改善をさせていただきました。
この度は島谷さまにはご迷惑をおかけしまして、まことに申し訳ございませんでした。
 このような素早い対応が苗場を一流スキー場としているのでしょう。。
 苗場の対応に敬意を表します。

Posted by 島谷 at 2007年01月27日 14:21

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック