2007年01月10日

続きの写真にご用心

 外国のスパムはURLを羅列した記事の絨毯爆撃だが日本のスパムは振り込め詐欺なみに手が込んでいる。
 吾輩はトラックバックを確認後に表示するように設定し記事と関係ないトラックバックは削除することにしている。
 これでトラックバックのスパム攻撃は撃退してきた。
 しかし敵もさるもの引っ掻くもの。
 記事と関連した内容のトラックバックが出現した。
 ちらっと見たところ真面目な内容なので承認して表示させ別の作業に移った。
 しばらくしてから表示させたトラックバックを読み返した。
 いたって真面目な内容だ。
 表示されている写真の横に続きの写真と表示されている。
 写真を羅列して表示を重くさせないように行き届いた配慮をしていると感心しながらクリックして驚いた。
 開かれたページはアダルトサイトへの入り口ページであった。がく〜(落胆した顔)
 慌ててこのトラックバックを削除したが気づかずに放置しておいたら吾輩も加害者になってしまうところだった。
 恐ろしや恐ろしや。
posted at 04:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 情報技術
この記事へのコメント
我輩には少し難しい記事ですね。PC の勉強不足甚だしい事痛感致しております。白内症の文章量多く入れたためでしょうか?画像が6枚中2枚しか入らず誤った操作もしないのに消えてしまいました。2回共そうでしたので文章削減しましたら入りました。 3回目がぶろぐに載りました。以前にもご指導受けた事ありましたが同じ事なのでしょうか。 それとも別に何かあるのでしょうかか?…! ご多忙のところ誠に恐縮ですが、ご指導頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

Posted by けすいせ ましよ at 2007年01月13日 10:48

 私もよくわかりませんがサイズがオーバーしたのかもしれません。
 何回かに分割した方がよいと思います。
 読む人もその方が楽だと思います。

Posted by 島谷 at 2007年01月13日 13:39

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック