2007年01月04日

クリアボタンの恐怖

 投稿フォームの中には投稿ボタンの傍らにクリアボタンが設けられているレイアウトのものがある。
 吾輩はこの投稿フォームが大の苦手だ。
 記事を書いている途中でうっかりクリアボタンをクリックするといままで書いていた記事があっという間に消えてしまう。
 しかもCtrl+Zキー操作しても復元できないものが多い。
 長文の記事を書き上げて投稿ボタンをクリックするつもりでクリアボタンをクリックしたときは泣きたくなる。
 この手のレイアウトの投稿フォームにメッセージを記入するときはエディタにメッセージを作成してそれを投稿フォームにコピペする手間をかけないと悲劇が待ち受けている。
 クリアボタンはなんのために設けているのだろう。
 投稿フォームの記載内容をクリアしたいことなど頻繁にあるのだろうか。
 投稿フォームに書いたメッセージを全文削除したいのならCtrl+Aキーを押して全文選択状態にしてからDeleteキーを押す2ストローク操作で済むはずだ。
 頻繁に使う機能はワンタッチで済むようにして貰いたいが使用頻度が少なく実行したら元に戻すことができない機能は誤操作で実行されることがないように配慮して欲しいものだ。
posted at 09:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | 情報技術
この記事へのコメント
私はリセットボタンを使ったことがないですね。
ウッカリ間違えて押してしまったことはありますが。

>クリアボタンはなんのために設けているのだろう。

強いて言うなら「設計者のUIに対する無神経さ」をさらけ出すために設けているんじゃないでしょうか。

UI論の大家 Jakob Nielsen氏も下記のように書いています。

Alertbox : リセットとキャンセルボタン
http://www.usability.gr.jp/alertbox/20000416.html

Posted by hidew at 2007年01月05日 00:25

 hidewさん資料紹介ありがとうございます。
http://www.usability.gr.jp/alertbox/20000416.html
 禿同でした。
 ウッカリ八兵衛の私メは手が滑ってクリア(リセット)ボタンをクリックして泣いたことが少なくありません。

Posted by 島谷 at 2007年01月05日 03:42

自分の場合は、掲示板などで実際に投稿した時に「通信エラーです」「削除用パスワードが未登録です」みたいなエラーで文章がまるごと消えることがあるので、長い文章に関しては、メモ帳に書いてからコピペするようにしてますね。

短い文章だったら書き直しは楽なんですけどね…。

推敲して考えに考えた文章が消えた時は泣ける_| ̄|○

Posted by 都筑てんが at 2007年01月06日 09:34

 都築てんがさんのブログ記事はエディタで下書きが必須の感じがしますね。

Posted by 島谷 at 2007年01月06日 10:07

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック