2006年10月20日

名人戦第5局右下隅

**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
19┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐19
18├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤18
17├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤17
16├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┤16
15├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤15
14├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤14
13├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤13
12├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼2425┼┤12
11├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤11
10├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼17┼┼┤10
09├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼2218┼┼┼┤09
08├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼14111519┤08
07├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼21131216┤07
06├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤06
05├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼39┼┼┼┼┼┤05
04├┼・┼┼┼┼・┼┼2730┼┤04
03├┼┼┼┼┼10┼┼┼┼333128262920┼┤03
02├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼373236342338┼┤02
01└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴35┴┴┴┘01
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
 第31期名人戦第5局で右下隅に吾輩がはじめて見る形ができた。
15オサエには16サガリなのか。へぇ〜。
23ケイマはツケコシがミエミエだが誘いの隙かしらんexclamation&question
26ツケコシにはツッパリと応じるんだ。(..)ψメモメモ
39まできれいに分かれたがいい加減のわかれなのだろうか。
 この碁は216手でウックンの中押勝。
 納豆ダーリンの名人奪取はお預けだ。もうやだ〜(悲しい顔)
 11月2〜3日で行われる名古屋の第6戦では決めて貰いたいものだ。


この記事へのコメント
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
19┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐19
18├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤18
17├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤17
16├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼┤16
15├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤15
14├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤14
13├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤13
12├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤12
11├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤11
10├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼┼┼┤10
09├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤09
08├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤08
07├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤07
06├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤06
05├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤05
04├┼・┼┼┼┼・┼┼┼┤04
03├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤03
02├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤02
01└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘01
**ABCDEFGHJKLMNOPQRST**
 素人の素朴な疑問
47コスミからハネツギで隅を活きるのではいけないのだろうか?



Posted by 島谷 at 2006年10月20日 04:54

NHKテレビの解説(淡路九段)によれば、控え室の検討陣の間では右下の別れは黒が厚くて地もあるので、黒持ちの棋士が多かったというニュアンスでした。ケイマは白の渡りを止めると同時にスミに圧力をかけた好手だそうです。

右上を島谷さんのように打つと、右辺の黒に眼がない現在、白は3子を動いてくるのではないでしょうか。M10のコスミ位でも黒は白の厚い上辺に進出することになって、うまくないのでは?

Posted by moto at 2006年10月20日 06:59

この100にはびっくりした。
無いかの間違いではないかと。

この二人の碁は訳が分かりませんわ。
86,88なども
どちらかと言うとうっくんの方に多いが。


Posted by chr at 2006年10月20日 21:57

私の考えなどピントハズレでしょうが
すかさず6,8と打たれ
右上と右辺を見られると
面白くないからか??


Posted by chr at 2006年10月20日 22:02

 motoさん、chrさん、コメントありがとうございます。
 右下隅の分かれは黒乗りが多いのですね。

 左上は地にしようとするのはウスすぎなわけですね。
 厚い碁のシンディー本因坊が打つはずありませんね。
 納得しました。

Posted by 島谷 at 2006年10月21日 13:53

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック