2006年10月03日

ちょっと変な詰め碁

【発信者】 HAL

黒先白死です。
本コウではありません。


簡単な様ですが、
ハマる人は、ハマってしまいます。

この記事へのコメント

├┼



├┼
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼
 HALさん出題ありがとうございます。
 これからもよろしくお願いいたします。
 碁盤が白先になっていたので黒先に修正させていただきました。

 本劫ではないということはこれでは間違いなんですね。がく〜(落胆した顔)



Posted by 島谷 at 2006年10月04日 05:45

 これは白取り番の本劫になってしまうし、、、、ふらふら
 頭を冷やして考え直します。


Posted by 島谷 at 2006年10月04日 05:53

うまくいきすぎ(笑)


Posted by きっしー at 2006年10月04日 07:27

 劫ではいけないそうです。
 私も未だにわかりましぇん。もうやだ〜(悲しい顔)


Posted by 島谷 at 2006年10月04日 07:30

さっきのはコウですね^^;
じゃあ、これは? セキは生きですよね。セキのつもり


Posted by きっしー at 2006年10月04日 09:09

でも、白死って書いてあるから、ダメですね(笑)スマソ

Posted by きっしー at 2006年10月04日 09:11

 わかりました。わーい(嬉しい顔)
 劫尽くしなんですね。



Posted by 島谷 at 2006年10月04日 09:23

正解です。

劫尽くしという言い方は、正しくありませんが。

わりと簡単に解けちゃいましたね。

Posted by HAL at 2006年10月04日 22:16

 HALさん、ありがとうございます。
 簡単じゃありませんでした。
 悩みに悩んでいましたが遊歩道を滑っているとき隅の曲がり4目がはっと閃いたのです。
 それで劫尽くしという表現をしてしまったのですが何という表現がいいのでしょうか。
 対局停止後の手順を入力しておいたのですが操作ミスで消えていたので追加修正しました。

 実戦でこの形ができたら相手に劫でもセキでもない無条件死だということを納得させるのに一苦労しそうですね。
 中国ルールで他の場所に両劫があったらどうなるのでしょう?

Posted by 島谷 at 2006年10月05日 03:47

コウ尽くしってなんですか?
囲碁用語に疎いのでおしえてください。

この状態ですでにしんでるとおもう(;´ω`)
コウにならなかったから失敗?


Posted by 田中真紀子 at 2006年10月05日 17:47

私もよく分かりません。
死んでるってどっちがー???

おせーて下さい。黒ハート

Posted by chr at 2006年10月05日 21:48

そもそも、中国ルールでは両コウゼキ、仮生の場合はどうなんでしょう。
そのへんから、よくわかりません。

対局停止後の手順間違ってます。
対局停止後の白石の死活確認は、黒先で行います。
黒1と打った図、白コウ取りの図、白コウ取りツいだ図が全て白死なので、白としては黒1と打たれただけで、何もできずに死となるわけです。

コウ尽くしとは、損をしてでも自分のコウ立てを全部消して、その後にコウを取りに行くことです。
昔、隅の曲がり四目を死と決めた理由が、コウ尽くしができるからという理由らしいのです。

Posted by HAL at 2006年10月05日 22:18

対局停止後の手順間違ってます。
対局停止後の白石の死活確認は、黒先で行います。
黒1と打った図、白コウ取りの図、白コウ取りツいだ図が全て白死なので、白としては黒1と打たれただけで、何もできずに死となるわけです。
 HALさん、丁寧なご説明ありがとうございます。
 私の死活確認に対する考え方が間違っていました。
 よくわかりました。
 どうもありがとうございました。

PS
 雑棋帳の目次に劫尽くしを追加しました。

Posted by 島谷 at 2006年10月06日 04:31

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック