2006年09月08日

びっくり

 昨夜のTBSクイズ!日本語王ビックリの語源が話題になった。
 第1次世界大戦で徳島の捕虜収容所に収容されていたドイツ兵捕虜がドイツの敗戦を報じられたとき口々にビュクリッヒと叫んだことから驚くことをビックリというようになったという。
 こりゃビックリ。
 正確にはどんな意味なんだろう。
 BÜKLICH、BÜKRICH、BUICKLICHなどなど独和辞典を調べても該当する単語が見あたらない。もうやだ〜(悲しい顔)
 ビュクリッヒってどんなスペルなんだろう。
 趣味のごがくで話題にならないかしらん。わーい(嬉しい顔)
この記事へのコメント
吃驚という漢字は第1次世界大戦以降にできた当て字なんですね。第1次世界大戦の終戦は1918年(大正7年)ですから、そんなに古くない。大変吃驚しました。

Posted by あど at 2006年09月08日 06:01

 吃驚という当て字も見事ですね。
 この頃の日本人は漢字のセンスが優れていたんですね。

Posted by 島谷 at 2006年09月08日 06:42

綴りは Wirklich だと思いますが、手元の古い新潮国語辞典で「びっくり」を引いたら、狂言「こんくわい」からの引用がありました。本当のところ、どうなんでしょうね。

Posted by ふみ at 2006年09月08日 07:37

 ふみさん、ご教示ありがとうございます。
 さっそくWirklichをひいてみました。
 本当にという意味なんですね。
 うっそーっexclamation×2 ほんとぉexclamation&question に相当するんですね。

 狂言「こんくわい」はグー検してみたのですがヒットしませんでしたが狂言や浄瑠璃でのびっくりはかすかに動くびくっとのことではないかと思います。

Posted by 島谷 at 2006年09月08日 09:25

「吃驚」についてちょっとだけ調べてみました。
せっかく島谷師匠のブログからリンクして貰っても、うちのブログのお客さんの数はいつもと全然変わりません (^_^;)

Posted by uib at 2006年09月08日 20:44

 uibさん、ありがとうございます。
「行人」は1912年から翌年にかけて新聞連載された小説なので、多分ドイツが第一次世界大戦に負けるより早く、漱石は「吃驚」という言葉を使っていたのだと思うわけである。
 吃驚は漱石の造語でないでしょうから、もっとむかしから使われていたんですね。

Posted by 島谷 at 2006年09月09日 03:59

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック