2006年08月15日

終戦記念日に感慨なし

 私が終戦を迎えたのは国民学校3年生のときで疎開先の長野県小県郡神川村だった。
 どこで玉音放送を聞いたか覚えがない。
 周りの人たちの反応も記憶にない。
 疎開者の私の生活は翌日からもとくに変わりはなかった。
 日本が負けたと実感したのは夏休みが終わってからだった。
 習字の時間でもないのに硯と墨と筆を用意させられた。
 習字の準備が終わったら教科書を先生の指示に従って墨で塗りつぶされた。
 教科書を燃やした記憶はない。
 塗りつぶした教科書で勉強した以外はとくに生活の変化はなかった。
 このため終戦の想い出がなにもなく終戦記念日に感慨が湧かない。
 終戦を体験している私でさえこの有り様だから靖国問題がなければ今の若者は終戦記念日を意識しないのではなかろうか。


この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック