2006年08月13日

オキシトシン

 昨夜のぴーかんバディ!のテーマ「恋人・夫婦・親子の絆を深める幸せ体質を決めるホルモン」でオキシトシンというホルモンが紹介された。
 オキシトシンは人と人との信頼関係を深くするホルモンで学習能力を高めたりストレスを抑制する働きもあってこの生成が多い人が幸せ体質だそうだ。
 オキシトシンが少ない人は猜疑心が強く協調性に欠け人から嫌われる不幸体質だという。
 オキシトシンは出産や授乳のときに大量に出るそうだが化学合成でもできるようだ。
 癇癪が強くすぐに噛みつく犬の傍で合成されたオキシトシンを噴霧しところ犬が穏やかになりなついていない人にもおとなしく抱かれたのには驚いた。
 心と心の信頼関係が築かれていないから効果は一時的なものだそうだが、これを繰り返すと本当の信頼関係が得られるのではなかろうか。
 オキシトシンの威力に感心したが悪用されたら詐欺被害者が激増するのではなかろうか。
 オキシトシンが大量生産できるようになっても処方薬として一般に売り出さないようにして欲しいと思った。
 オキシトシンの生成が少ない不幸体質の人は薬としてオキシトシンを摂取しないでも手や指をオリーブオイルを塗た手で優しくマッサージするタクティールケアにより体内でオキシトシンを作ることができるそうだ。
 となればオキシトシンは一般に販売しないで欲しいなぁ。
この記事へのコメント
はじめまして。

わたしもピーカンバディーを見ました。
確かにオキシトシンが悪用されるのは怖い
ですが、不幸体質の人の利用することで、
際限なく続く不幸の連鎖を一時的にでも
ストップし、幸せになる成功体験が加わる
ことで、どうすれば、幸せになれるか考え
直すきっかけになると思います。

実際「オキシトシン」と「サプリ」などで
google検索すると、販売されている
みたいですね。



Posted by ももんが at 2006年08月17日 01:35

 ももんがさん、はじめまして。
 これからもよろしくお願いいたします。

 不幸体質の人が使用して不幸連鎖を断ち切ることができればその人ばかりではなく周囲の人も幸せになりますから治療に利用されれば素晴らしいと思います。
 オキシトシンは専門医の処方によって使用できる薬であって欲しいと思います。
 サプリとして販売されると悪用されそうで心配ですね。
 結婚詐欺の成功率が高まるのではないでしょうか。

Posted by 島谷 at 2006年08月17日 04:13

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

タイトル: 幸せホルモン「オキシトシン」を出す方法、スウェーデン式マッサージ「タクティールケアー」
概要: TBSテレビ ぴーかんバディ! ぴーかんバディの過去の番組内容はこちら !8/12番組内容一覧・幸せ体質になるホルモン「オキシトシンとは?」オキシトシンチェック!・幸せホルモン「オキシトシン」を出す方..
ブログ名: キレイになりたい☆今度こそ絶対やせたい&&アンチエイジング
日時: 2006-08-19 08:42