2006年08月08日

結社の自由を損なわないか

 NNNニュースで麻生外相が靖国神社の宗教法人を解散し国営墓地にするという発言が放映されていた。
 吾輩の主張に最も近い意見だ。
 しかし気になることがある。
 国が管掌していない法人の解散をさせるということは結社の自由の侵害ではなかろうか。
 吾輩は靖国神社の公式参拝には反対だが靖国神社を解散させることは行き過ぎだと思う。
 靖国神社は広域暴力団のような違法団体ではないのだから国にとって都合が悪いという理由で解散させることは横暴の極みだと思う。
 吾輩は遊就館の展示を変えよと主張したのは靖国神社が国営だと思っていたからだ。
 靖国神社が国とは独立した宗教法人であるならば遊就館の展示が違法なものでないかぎり取り締まることは政教分離に抵触しよう。
 また宗教法人であるならば公式参拝は政教分離に反しよう。
 吾輩は靖国神社に干渉せず公式参拝を廃止する方向に進むのが最も賢明な選択だと思う。
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック