2006年07月03日

まだらボケは一人でペア碁

 まだらボケはボケっ放しではないから日常生活ではそれほど不自由しない。
 ボケていないときにボケいるときにしたことに対してストレスをつのらせるだけだ。
 しかし碁を打つときはボケていない自分とボケ老人と組んだペア碁を打っていることになる。
 ボケ老人が打った後をボケていない自分が打たなければならないときは腹立たしくて気が狂いそうになる。
 ここで気を失って後はボケ老人の一人舞台になってしまうこともある。
 この場合はボケを感じないからストレスはたまらないが30目以上負けている碁を勝っていると思いこんで最後まで作り相手に失礼をしてしまう。
 ボケ老人と組んでペア碁をするものではないと痛感した。
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック