2006年07月03日

安物キムチのグレードアップ

 吾輩はキムチが大好物である。
 毎日食べても飽きない。
 しかし舌がとろけるような美味しいキムチは高価で毎日のように食べるのは家計が許さない。
 毎日食べるにはドンキホーテで打っている400g209円の安物キムチで我慢するしかない。
 安物キムチでもキムチはキムチだから旨くないことはないのだが味に深みが乏しくイマイチ物足りない。
 なにが足りないのだろう。
 高価なキムチは辛みだけではなくそこはかとない甘みがある。
 安物キムチに糖分を加えたらどうだろう。
 糖分は乳酸菌の餌になるからキムチの乳酸菌が活性化して旨みが増すのではないだろうか。
 我が家にはプレーンヨーグルトに付いてくる粉砂糖がいっぱい余っている。
 ためしにこの粉砂糖を1袋をキムチの容器に入れてかき混ぜてみた。
 翌日キムチを食べてみると思惑的中手(チョキ)
 キムチの味に深みが増しワンランク上のキムチの味になっている。
 粉砂糖でこれだけ旨くなるのだ。
 オリゴ糖ならもっと旨くなるのではないか。
 新しく買ったキムチにオリゴ糖を加えてみた。
 意外や意外、砂糖を加えたときほど旨くなっていない。
 このキムチを食べ終えてから新たに買ったキムチに粉砂糖を加えた。
 やっぱりこの味だ手(チョキ)安物キムチをグレードアップさせるには粉砂糖がいいと悟った。


この記事へのコメント
騙されたつもりになって、スーパーのキムチを
1つ買って一度試してみようかな…。

でも、ヨーグルト用の粉砂糖って、
他の砂糖と違ったりするのかな…。
砂糖ならどれでもいいのかな…。

Posted by 都筑てんが at 2006年07月03日 09:37

でも、ヨーグルト用の粉砂糖って、他の砂糖と違ったりするのかな…。
 砂糖の粒が普通の砂糖より細かいような気がしますが普通の砂糖でもいいと思います。
 よくかき混ぜて万遍なく溶かすことがポイントだと思います。
 翌日より2日目の方が旨くなっていますからグルタミン酸が作られているのでないかと勝手読みしています。

Posted by 島谷 at 2006年07月03日 09:48

我輩もキムチ好きですが、美味しいものと美味しくないもの格段の差がありますね。 高いからといって美味しいとわ限らないですね。 製造元で違うのでしょうか。 粉砂糖そんなにきくのでしょうか、良いこと教えて下さいました。 やってみましょう。

Posted by けすいせ ましよ  at 2006年07月03日 09:55

 砂糖を入れすぎると健康に悪いと思いますから少量で験されるのが無難だと思います。

Posted by 島谷 at 2006年07月03日 10:35

安物のキムチには、砂糖を入れるのですか・・
試しに100グラム位タッパに入れて試して見ます。大阪市内には鶴橋など朝鮮系住民の多い地域があります。商店街にはキムチ屋がたくさんあります。値段は総じて高いです。本格的に作ろうとすると材料費が高いようです。安いキムチは、アミやタラの塩辛の代わりにアミノ酸液を使います。原価は10分の1になります。

Posted by みんみん at 2006年07月03日 15:50

 糖尿病には砂糖厳禁ではないのですか。
 乳酸菌で蔗糖がグルタミン酸になるとしても蔗糖分が残っている心配があります。
 私のワイフは糖尿病予備軍で砂糖を避けていますがキムチは私しか食べないので安心してテストしたのです。

Posted by 島谷 at 2006年07月03日 16:05

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック