2006年06月09日

別れの朝

 朝起きたときの激しい雨音は治まり明るさを帯びてきた。
 しかし霧雨がみっしりと降り続き滑りに出かけられない。
 今日は運動不足の1日になりそうだ。
 KGSを訪れてみる。
 この時間帯は電撃設定者しかいない。
 諦めてYahooを訪れる。
 Yahooは薄汚い碁盤だが秒読みがないのがありがたい。
 いつもは持ち時間45分に設定して客待ちしているのだが同じくらいのレーティングで時計なしで客待ちしている部屋があったので対局してみた。
 いつもは時計なしは敬遠するのだがたまにはじっくりと打ってみようと思ったからだ。
 嗚呼それなのにそれなのに、、、じっくり打つことができない。
 相手が打つとすぐに打ってしまう。
 相手がじっくり考えて打ったときは間髪を入れず打ってしまう。
 こういうときは重大な局面なのだから考えなければいけないのにそれができない。
 こんな精神状態で碁を打つのが間違っている。
 碁を打っているのではなく石を置いているにすぎない。
 こんな状態がどのくらい続いているだろう。
 もうリアルタイム碁を打つのはやめた方がよさそうだ。
 少なくとも今月いっぱいはリアルタイム碁とは縁を切ろう。
 今朝はリアルタイム碁とのお別れの朝になった。

19ハネは手拍子20キリで困った。がく〜(落胆した顔)
31ツギまでの分かれは大いに不満だが損害を最小限に食い止めた形か。
30カカエで白31ヌキを打たれていたら投了するつもりだった。
43も寄り道
 この手ではソイと手厚く打っていなければいけなかった。
 すさかず44トビ45オシと換わってから46ヌキと打たれて戦意喪失。
48サガリに19ケイマも考えられない手。
50三々入りと隅をえぐって治まられてはオワ。
 戦意喪失しているのだからここで投了すべきだった。
 しかし気分がうわずっているので戦意喪失のまま惰性でずるずると打ち続ける。
 いちばん悪いパターンだ。
 白132ノゾキに黒133オシが致命傷だろう。
 黒133オシではツギと我慢していなければいけなかった。
ハネ出しと分断しても先手で活きて右辺の白のイジメに手を回せそう。
ハネ出しで右辺の白をもがいて貰えば右下の白が傷みそうだ。
 しかし結果論、いまの吾輩には当たり前とも思えるツギが打てない。
 結局中の黒が全滅し投了となった。
 時間制限がないのに殆ど時間を使っていない。
 こんな打ち方をするなら50三々入りのとき投了すべきだった。
 虚しさだけ残る対局だった。
 リアルタイム碁よ、さようなら。
この記事へのコメント
うーん、気合の抜けた碁を打ってしまって、
相手に対しても失礼だし、自分がイヤになってしまう病、ですね。私もいっしょです。KGSでは、なんと1kなのですよ。まだ対局数が少ないのですが。負けようの無いのをポカで落とす、とか
相手が勝手に転んでくれたのを拾うとかが多くて
、とてもじゃないが「ざる碁図鑑」を復活させるネタなんてありません。
対局中に携帯に仕事の電話が入って負ける、とか
集中してないんでは、ダメですよね。
ところでWindowsXPは、窓石葉は使えるけれど網石葉が使えないです。ですんで昔のGo-Shapeを
ブログで使ってみます。

Posted by みんみん at 2006年06月09日 16:51

ところでWindowsXPは、窓石葉は使えるけれど網石葉が使えないです。
 あれぇexclamation&question
 みんみんさん碁盤の投稿されてますから石葉を使えてるじゃありませんか。
 網石葉は旧バージョンですから石葉2を使われたらいかがでしょう。

Posted by 島谷 at 2006年06月09日 18:54

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19030729
この記事に関係ない内容のトラックバックはにお願いします。
※ 嵐対策のため受信したトラックバックは私が内容確認するまで表示しないように設定しありますので送信してから表示されるまでに時間がかかることをご容赦ください。
 また、記事に関係ないトラックバックや偽りのトラックバックは削除します。