2006年06月02日

荷物の上げ下ろし駐車の救済措置

 道交法改正の霊験あらたかで違法駐車が激減したようだ。
 しかし運送業者は悲鳴を上げている。
 大手運送業者は車の留守番用アルバイトを雇って対処するようだがコストアップになり消費者につけが回ってくることが懸念される。
 また零細業者はアルバイトを雇う費用を捻出できず企業存続の危機にさらされよう。
 違法駐車を排除する改正道交法が業者いじめにならないよう下記の措置が規定されることを希望する。
  • 対象車種:商用車(4ナンバーおよび1ナンバー)

  • 荷物上げ下ろしの際は車の後ろに三角板を置く。

  • 駐車監視員はこのシールを○時○分までに剥がされていない場合は駐車違反として処理しますと書かれた警告シールを三角板に貼る。
    ○時○分はシールを貼る時間の30分後の時刻にする。
 荷物の上げ下ろしで車から離れるのは30分以下だろう。
 上げ下ろしする荷物の量が多くて1時間以上かかる場合でも車と現場とを何回も往復するからで車から離れている時間が30分以上になることはないはずだ。
 警告シールで指定される時間を駐車員が車に戻るたびに警告シールを剥がしていれば駐車違反にならないですむ。
 是非このような救済措置を昂じて欲しい。
この記事へのコメント
 ここでどんな案を書いてもマイナーなブログではごまめの歯ぎしりだ。
 杉村太蔵ブログが更新されたのでトラックバックしてみた。
 削除せず目を通してくれるといいのだが、、

Posted by 島谷 at 2006年06月02日 09:55

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18722488
この記事に関係ない内容のトラックバックはにお願いします。
※ 嵐対策のため受信したトラックバックは私が内容確認するまで表示しないように設定しありますので送信してから表示されるまでに時間がかかることをご容赦ください。
 また、記事に関係ないトラックバックや偽りのトラックバックは削除します。