2006年04月15日

マジックアイ

 NHKのドラマ「夢みる葡萄〜本を読む女」の次回予告を見て目が点になった。
 村の人たちが集まってオリンピックの前畑ガンバレに耳を傾けているラジオにマジックアイがついているではないか。exclamation×2
 あの時代にマジックアイ〜〜exclamation&question

 吾輩がラジオ工作に熱中した中学校時代(1950年頃)一般家庭のラジオは並四*1が普通だった。
 ちょっと高級なラジオで高一*2だった。
 これらのラジオはグリッド検波で豆コンを回しながら感度調節をし、ピーという音を頼りに周波数を合わせたものだった。
 この周波数合わせ(同調)を目で見て行えるマジックアイのあるスーパー*3に出会ったときはカルチャーショックだった。
 なんせ、スーパーはブルジョア家庭しか持っていなかった高級ラジオだ。
 部品を買い集めて自作しても高価で中学生の小遣いでは作りたくても作ることができなかった。
 吾輩がスーパーを組んだのは高校進学してからでないかと思う。

 スーパーは感度が高く外国放送まで聞くことができるので報道統制をしていた戦時中は一般家庭ではスーパーを持つことが許されなかった。
 前畑ガンバレの時代は戦前だからスーパーは使用禁止されていないと思うが、マジックアイ付きスーパーのような超高級ラジオが夢みる葡萄〜本を読む女の舞台となった貧村にあったとは考えにくい。
 そもそもマジックアイはあの当時あったのかなぁ、、、(^_^;)?


*1並四:真空管を4本使った高周波増幅なしのラジオ。
*2高一:高周波1段増幅のラジオ。
*3スーパー:スーパーヘテロダインラジオの略で高周波を中間周波に変換し、中間周波増幅したラジオ。


この記事へのコメント
島谷さん、今日は ぶろぐのことでわ大変お世話になり誠に有難うございましたぶろぐは「Seesaa」に決定しました。我輩の家には1956年頃造られたどの種類になるのか解りませんが50年前の真空管式ラジオがありこれが素敵に聞こえるのですね。昔を思い出されました。島谷さんのぶろぐご承諾を得ず「おきに入り」に登録させていただきました。事後になりましたが宜しくお願いいたします。今後も何かとお世話いなります・・・。<(_ _)>

Posted by けすいせ ましよ at 2006年04月15日 12:18

 お気に入りに節ブログを登録していただき光栄です。
 これからもよろしくお願いいたします。
 50年前の真空管式ラジオが健在ですか。
 いいですねぇ。
 私は真空管時代にはラジオ・オーディオ少年でしたがトランジスタ出現で足を洗いました。
 あ!これブログのネタになりますね。
 なぜ私がラジオ・オーディオ工作から足を洗ったかブログに書きましょう。
 けすいせ ましよさんヒントありがとうございました。

Posted by 島谷 at 2006年04月15日 13:39

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック