2006年04月01日

快晴の尾瀬岩鞍

 一昨日の午後から降り始め昨日1日降り続いた雪が嘘のように今朝はいい天気だ。
 帰り支度のために駐車場に行くと車の前後と屋根に雪が30cmほど積もっている。
 これでは車を動かすことができない。
 車からスコップを取り出し雪かきを始める。
 雪が重いことを覚悟していたが、まるで2月の雪のように軽い。
 車が道路に出られるまでの雪かきと車の屋根に積もった雪下ろしするのが30分程度ですんだ。
 宿に戻り窓からゲレンデを見るとコースがきれいに圧雪されている。
 その圧雪されているところを圧雪車が再び通っている。
 今日は土曜、客が多いことを見込んで丁寧に圧雪しているのだろう。
 昨日の圧雪は手抜きらしく圧雪されているところでも踏み込むとスポンジのようにぐっと凹んだ。
 昨日の大雪は客の少ない金曜日だったからスキー場に取っては恵みの雪だったに違いない。
 リーゼンやエキスパート上部のような非圧雪コースは午前中は腰まで潜ってしまうようなコンディションかもしれないが、滑る人が多いから午後には快適なコブ斜面になるにちがいない。
 今日滑りに来た人は羨ましい。
 後ろ髪を引かれる思いで尾瀬岩鞍を後にした。


この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック