2010年01月20日

3953:棋譜なうの改良

 Twitterに棋譜付きつぶやきをするための棋譜なうを作成した。
 貼り込んだ棋譜は棋譜再生碁盤で再生する。棋譜再生碁盤に着手してTwitterに棋譜付きつぶやきをする場合はその碁盤のボタンをクリックして棋譜なうへ棋譜を転送してTwitterに棋譜を貼り込んでからつぶやいた。
 しばらく使っているうちに棋譜再生碁盤から棋譜なうに棋譜を転送するのは無駄なプロセスではないだろうかと思うようになった。
 つまり棋譜再生碁盤から直接Twitterにつぶやけるようにすれば棋譜を転送しないですむはずだ。
 逆に言えば短縮化するURLは棋譜再生碁盤ではなく棋譜なうにすればいいわけだ。
 この場合棋譜なうのURLは1バイトでも短い方が記録可能な棋譜データサイズが増える。
 ということで棋譜なうを作り直した。
 これによりTwitterに貼り込まれた短縮URLをクリックすると棋譜を読み込んだ棋譜なうが開く。棋譜なうの碁盤に着手してから碁盤右上のボタンをクリックするとその局面の棋譜データを表示する短縮URLを貼り込んだTwitterが開くようになった。
 これで効率良くTwitterで棋譜を検討したり対局したりすることができるようになったと思う。
 このようなツールが作れたのは政光さんのつぶや棋譜のスクリプトのおかげだ。
 政光さんに心から感謝します。
posted at 04:14 | Comment(4) | TrackBack(0) | 情報技術
この記事へのコメント
おはようございます。
 棋譜なうを使用してTwitterにつぶやいてみたところ大成功。フレンドフィードで見ると短縮URLではなく実際のURLが表示されるんですね。素晴らしいツールの完成、おめでとうございます。

Posted by あど at 2010年01月20日 11:38

こんにちは
 動作テストありがとうございます。
フレンドフィードで見ると短縮URLではなく実際のURLが表示されるんですね。
 おかしいですねぇ。
 私もいまテストしてみたのですが短縮URLになっています。
 元のURLが長くないときは自動的に展開するのでしょうか。

Posted by 島谷 at 2010年01月20日 12:10

残念なことに私の環境では「t」を押してもがページが移動しませんでした。
原因はわかりませんが、何も入力しない状態ですとうまくいきます。
棋譜を作成するのにやってはいけない行程を踏んでいるとも思えないのですが、参考までにコメントさせて頂きます。

Posted by m at 2010年03月25日 09:59

mさん、ご報告ありがとうございます。
 とりあえず[棋譜再生碁盤表示用URL作成]ボタンをクリックして短縮URLを作成し、それをTwitterに貼り込んでください。

Posted by 島谷 at 2010年03月25日 10:08

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック