2009年12月09日

3860:阿含桐山杯日中決戦中国に屈す


 日本と中国の阿含桐山杯者が対戦する阿含桐山杯日中決戦が中国烏鎮で行われた。
 日本の阿含桐山杯者は5年ぶり出場の羽根直樹本因坊。
 中国の阿含桐山杯者は孫謄宇4段。
 阿含桐山杯日中決戦は白番の方がやや有利と言われているコミ7目半。
 羽根本因坊は白番になったので期待されたが孫謄宇4段の2目半勝ちに終わった。
 孫謄宇4段は若干17歳。中国碁界の層の厚さを思い知らされた1局であった。
 日本では井山裕太名人が若手のホープとされているが中国・韓国の新鋭に歯が立たなかった。中国・韓国にどんどん引き離されて行く希ガス。
この記事へのコメント
82では1に打ったほうが良かったか。


Posted by chr at 2009年12月09日 19:57

 そうかもしれませんね。
 私は羽根本因坊の碁が大嫌いなので全く期待していなかったのですが大差負けだと思っていた碁を細かくしたのだから善戦だと思いました。

Posted by 島谷 at 2009年12月10日 03:38

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック