2009年10月07日

第34期名人戦第4局1日目

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼22┼┼┼┼┼┼┼17┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼18┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼21┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼1915┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼12┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
20┼┼13┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼292425
├┼┼11┼┼┼┼┼┼┼┼┼303128
├┼16・┼14┼┼┼・27┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼10┼┼┼2623┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
 仙台市茶寮宗園で第34期名人戦第4局が始まった。
 先番のイヤマンの中国流の構えにウックン小考後裏大ゲイマガカリして碁が動き始めた。
 ウックンの10ツメは初めて見た手。ありそうな手だから今まで見たことがなかったのは吾輩だけなのかもしれない。
 イヤマン10ツメに手抜きして左下隅に111間高ガカリする。この碁もワケワカメな碁に展開しそうだ。
 右上隅17小ゲイマ構えは左下隅のシチョウアタリを兼ねているようだ。
 右下隅イヤマンの23カドにクリビツテンギョウ。悪力アマが打ちそうな手だ。意表を突かれたウックンは長考に沈む。
 大長考した手は右下隅24ツケだった。25ハネに懸案の26オサエ。24ツケのオマジナイが利くや利かざるや。
 イヤマンは27デを決行。28キリコミに29アテとマクリ30オサエに31ツギと左辺白2子を悪手にした。
 ここで昼休み。今日はこの二人の碁にしては進行が遅い。

 三村9段は『平凡な「16−三」でしょうか』『大穴狙いで15−四ナラビも出しておきます。』と言われている。
 プロでも難しい局面だ。
この記事へのコメント
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼82┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼7776┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼7978┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼8180┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼74┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼727355┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
5054┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼4849┼┼6861┼┼┼┼┼┼373675
┼┼69596062┼┼41┼┼
525167654635┼┼3242
58644766343338・┼┼┤
5753457043444039┼┼┤
715663┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
 午後は32カケツギから始まった。
 こう打つのがこの場合の形かぁ、、、教わらないと打てない手だなぁ。
 33トビツケに34ハネ。ワリコミは上を塗られていけないんだろうか?
 35ノビにウックンは右辺を36ノビと動き出した。戦いはますます混迷を極める。
 37オシに38デをキメてから40ツケと下辺を連絡した。しかし38デは必要なのだろうか。この手を打ったから41ノゾキに42ツギとキカサレることになったのではなかろうか?
 イヤマン43キリと下辺にアヤをつける。44ツギに45ツケコシが連係プレー。47ツキヌキまでは必然の流れ。ここでウックン48デを打ってから50ハネと左辺を連絡形にした。
 イヤマンの左下隅51デから53アテコミにウックンは委細かまわず左辺54キリ。この二人の碁はワケワカメ。
 55アテに56アテと隅に手を戻した。54キリは今後の戦いのためのオマジナイか。どんなオマジナイになんだろう。
 ウックン56アテから58ツギはオマジナイを有効にしようとするコースらしいがイヤマン意表の59ハネ。オマジナイを無効にしようとする意図らしいが60キリとなって絡んだ糸はますます縺れていく。
 イヤマン61アテをキカシてから63キリをキカシてから65アテ67オサエとシメツケてから71カカエと隅を取った。
 ウックンは72アテから74カケツギと左辺を固め、イヤマンは75カカエと右下隅に手を戻した。さしもの乱戦も一段落したようだ。この分かれはどちらに軍配が上がるんだろう。
 ウックン上辺を76ツメといっぱいに打った。形勢容易ならずと思っているのだろうか?
 イヤマン77星下とウチコミまた戦いが勃発した。
 78798081とトビ合いが続いたがウックンは3本跳んだ厚味を背景に72オキと右上隅にイチャモンをつけた。また事件が起きそうだ。
 ここで封じ手。明日の展開が楽しみだ。


Posted by 島谷 at 2009年10月07日 17:25

この碁も為になる碁だなー。

封じ手予想は
突き当たり。本手でしょう。

予想手順はこうだが
こうはならないでしょう。



Posted by chr at 2009年10月07日 20:47

 三村9段の予想では途中まではChrさんと一緒でしたがノゾキにマゲでした。

 名人戦は高度すぎて私には為になりません。
 私には女流本因坊戦の方が為になります。


Posted by 島谷 at 2009年10月08日 04:44

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック