2009年09月20日

第57回NHK杯囲碁トーナメント歩4段3回戦進出ならず

 第57期NHK杯囲碁トーナメント2回戦小林覚9段vs鈴木歩4段戦。
 握って先番の鈴木歩4段はミニ中国流からスタート。
 歩4段の29下ヅケに覚9段は30ツケ。すると解説の武宮9段「やっぱり、そうですか」トッププロには常識的な手らしい。
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼8425┼┼┼┼9798┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼269395┼┼┼┼315929┼┼┼┤
├┼┼91942752543056582837┼┤
├┼┼9692┼┼6753899070┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼665568576062┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼88┼┼┼646561┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼8663┼┼┼38┼┤
├┼┼83┼┼┼514842693432┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼87┼┼332339
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼172224
├┼82┼┼┼┼494743413516┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼402014┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼50┼┼46┼┼┼3611┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼1518
├┼78┼┼┼┼┼・┼┼┼1019
├┼747376807172┼┼┼┼┼131221
├┼75777981┼┼85┼┼┼┼┼4445┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
 歩4段の31ノビは沈着らしく覚9段は考慮時間を何回も重ね残り2回になってしまった。
 考慮時間を重ねて打たれた手は32ノゾキだった。終局後の検討では覚9段はこの手は30がシチョウアタリになっているのだから33に切るべきだったと後悔されていた。歩4段は考慮時間を1回使って33ツギ。堂々とした手だと武宮9段。
 45オサエは24の2路下に置くチャンスだったと武宮9段。
 覚9段502間トビ52ツケと目一杯頑張る。
 歩4段53ハネから55ケイマと好調先生。
 覚9段の苦し紛れの60ツケに61ハネが軽率。65ノビなら白の苦戦が続いたはず。64ノゾキ返しから70フクラミと白にサバカレてしまった。
 気を取り直して歩4段73ツケから下辺を荒らしたが88ケイマと割かれたとき91アテコミから歩が崩れた。97スベリに98ツケコシで黒の形が崩れ白ペースになってしまった。
 この後は覚9段のペースで進行し168手で覚9段の中押勝となった。
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック