2009年09月07日

ミスさえ絵になるスター選手

石川遼(17)プロゴルファー 鮮やか今季3勝、初賞金王見えた 2009/09/07 01:47
 男子ゴルフの第37回フジサンケイクラシックは6日、山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(7397ヤード、パー71)で最終ラウンドを行い、17歳の石川遼が通算12アンダーの 272で2位の丸山大輔(38)に5打差をつけて圧勝、今季3勝目を挙げた。優勝賞金2200万円で今季の獲得賞金を約9300万円としてランキングでトップを奪い、2年連続の1億円突破と初の賞金王を視界に入れた。
 富士桜カントリー倶楽部で行われた第37回フジサンケイクラシックで石川遼選手は優勝した。
 今季3勝目で賞金ランキングのトップに躍り出た。
 17歳でこの記録も凄いが彼の凄さはミスのときでも様になっていることだろう。
 昨夕フジテレビで石川遼選手の特集を途中から見て驚いた。
 ナント!!!ミスショットの数々を見せ石川遼選手が感想を語っているのだ!!!
 ミスショットでさえ絵にしてしまうのが彼が大スターである所以だろう。
 勝負を分けるところのミスショットに対しての彼の感想が凄い。
ここで気を引き締めなければいけないと思いました。
 う〜〜〜ん、、、並の神経ならガックリする。吾輩だったらクラブを叩き付けて折ってしまうだろう。
 また優勝が目の前に見えてくれば緊張してかたくなるのが普通だ。ところが彼は
勝ちが見えてきたので気持ちが落ち着き更に集中できました。
と語った。
 驚くべき強靱な神経だ。彼の謙虚な姿勢と相まって今後どんどん成長するに違いない。
 プロのプレーヤーは勝ってナンボで勝てば人気が上がり負ければ忘れ去られるのが常だ。
 しかし石川遼選手の場合は成績が悪い場合でも話題に上がるし期待され続けている。
 これはミスしたときでも様になっているからだろう。
 吾輩はスタープレーヤーの要件は勝率もさることながら負け様が絵になることだと思っている。
 石川遼選手はスター中のスタートいえるだろう。
 低迷している囲碁界にも石川遼選手のようなスターが生まれることを熱望して止まない。
2009年9月6日 18時42分 ( 2009年9月6日 20時45分更新 )
<男子ゴルフ>石川遼が今季3勝目、賞金ランクでトップに
 男子ゴルフのフジサンケイ・クラシック(山梨・富士桜CC=7397ヤード、パー71)は最終日は6日、2日目で単独首位に立った17歳の石川遼が4バーディー、3ボギーの70で回り、通算272の12アンダーで今季3勝目、アマチュアでの優勝も含めてツアー通算5勝目を挙げた。優勝賞金2200万円を獲得し、今季の獲得賞金を9303万4339円とし、池田勇太を抜いてランキングトップに躍り出た。
この記事へのコメント
おはようございます。
 全米オープンテニスで17歳の新鋭オーディンがシャラポアに勝ち、大スターへの道を歩み始めています。この試合はシャラポアの自滅でした。しかし、彼女のインタビューを聞くと自分が一番強いと自己暗示をかけているようで、敗者をいたわる気持ちとか謙虚さが皆無で驚きました。石川選手のことは全く知りませんが、勝っても相手をいたわるような繊細な神経をもった大スターになってほしいと思います。

Posted by あど at 2009年09月07日 07:21

おはようございます。
 石川遼選手の謙虚さには頭が下がりました。
 人気が高いのは当然だと思いました。

Posted by 島谷 at 2009年09月07日 07:31

おはようございます。
 ゴルフは打ちっぱなししか知りませんが、いつも思うのは 石川選手が 物すごいスコアで優勝してるのではないですが、他の選手がなぜ普通のスコアが残せないのでしょう、不思議です。

プロゴルファーは 自民党議員と一緒です
ぬるま湯、安堵感 サラリーマン化してるのね。

Posted by あき at 2009年09月07日 08:01

おはようございます。
 私はゴルフに全然興味がないので標準のスコアを知りませんが普通のスコアを出すのは碁で普通の手を打つのが大変なのと同様に大変なんでしょうねぇ。

Posted by 島谷 at 2009年09月07日 08:56

うほっ、普通の手ね、
 これは一本取られました。

Posted by あき at 2009年09月07日 16:48

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック