2009年08月24日

ベトナム流?

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼BA┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼・┼┼┼┼┼・┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
 第57回NHK杯囲碁トーナメント金秀俊8段vs安斎伸彰6段戦。握って先番となった金秀俊8段は張栩5冠や河野臨9段が愛用している最近流行のの構えを敷いた。
 このの布石はなんというんだろう。
 と黒Aなら道策の構えでと道策の構えとの組み合わせたAの布石は中国流だ。
 またAでなくBなら高中国流だ。
 吾輩はが道策の構えを1路狭くしているので右下隅の構えをミニ道策の構えと呼んでいる。
 解説の柳時熏9段は「が中国流より下にあるからベトナム流だと言っている人がいた。」といった。
 なるほどぉ、世界地図を見るとベトナムは中国の下にある。
 しかし、それならミャンマー流でも北朝鮮流でもいいじゃん。と、一瞬思ったがミャンマー流とか北朝鮮流と言ったらイカサマ流とかペテン流のイメージがあってよくないなぁと思い直した。
 ベトナム流だとベトナム戦争の泥仕合が思い浮かぶ。この布石にピッタリのイメージだというような気がしてきた。
 この対局もの構えのところで泥仕合が展開され安斎伸彰6段が技ありを取った。
 しかし上辺の戦闘で失敗し157手で金秀俊8段の中押勝となった。
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック