2009年07月24日

売国マニフェスト

 日経新聞の支持率調査では民主党40%自民党30%だ。
 日経の調査でさえ民主党が10%も自民党を上回ったのだから朝日や毎日の調査だったらもっと差が広がるに違いない。
 自民党は鳩山由紀夫の故人献金問題を攻撃材料に使っているが日本列島は日本人だけのものではないをなぜ取り上げないのだろう。これを攻撃材料に使えば民主党の支持率は下がり差が縮まると思う。
 もしかすると麻生も同意見なのかもしれない。だから日韓首脳会談で竹島問題を取り上げなかったのだろう。
 日本列島は日本人だけのものではないという考え方で永住外国人への地方参政権付与をマニフェストに組み込む。
 こんな売国マニフェストを掲げる政党が日本を支配したら日本は破滅するだろう。
 なんとしても民主党はぶっ壊さなければならない。
 民主党をぶっ壊すには民主党にいったん政権を渡すほかなさそうだ。
 いまの民主党は政権が目の前にぶら下がっているから団結している。政権が渡されればあっという間に分裂するはずだ。
 西松献金事件発覚前に民主党に政権を渡せば民主党は解体してねじれ国会が解消し今頃は新しい保守政権で日本は再生の道を歩んでいたことだろう。
 それを阻んだ麻生の罪は重い。
 今回の衆院選で民主党が多数を占めれば公明党は民主党と手を組んで民公連立政権を目論むに違いない。永住外国人への地方参政権付与に賛成することが連立の理由になろう。手の平を返すような行動をしても池田大作の一言で創価学会員はさようでございますかと納得するだろう。
 これで保守政党は公明党と手を切ることができる。
 人生万事塞翁が馬
 一時的に売国政権ができても底打ちして新しい保守政権が誕生するに違いない。
 吾輩的には来年初旬に平沼政権が誕生することを期待している。
民主マニフェスト 外国人への地方参政権付与も 2009/07/23 20:24
 民主党は23日、衆院選マニフェスト(政権公約)の原案となる「政策集INDEX2009」を発表した。外交政策で現実路線に舵を切る一方、永住外国人への地方参政権付与など結党以来の政策はそのまま踏襲。戦時中の日本の加害行為を調査する「恒久平和調査局」設置や、「慰安婦」調査への取り組みも表明しており、内政政策で従来の政権との違いが際立つ内容となっている。
この記事へのコメント
おはようございます。
確かに、いくらなんでもこりゃ無茶苦茶、というような民主党の政権公約。なのに、このままでは郵政解散を上回るような馬鹿勝ちしそうな勢い。せめて、政権をとってもすぐ内紛が始まるくらいの勝ち方にしてほしい…

Posted by 練馬のんべ at 2009年07月24日 07:00

民主党のマニフェストの財源は 無駄を省く、
 官僚の天下り等の廃止を唱えていますが、
 具体的に 幾ら財源が確保できるのか 示すべきです、何月何日で 官僚の首をストンと切る
 こんなことは出来ません、

 国民に 財源確保をキチンと示すべきです
 (自民の反論と同じになりました)

Posted by あき at 2009年07月24日 08:28

おはようございます。
このままでは郵政解散を上回るような馬鹿勝ちしそうな勢い。
 私は民主党が単独過半数を制する馬鹿勝ちはしないと楽観しています。
 与党になりたがる公明党と手を握ることになるのでないかと思っています。
官僚の天下り等の廃止を唱えていますが
 民主党は官僚を目の敵にしますが税金の無駄遣いをするのは官僚だけではありません。
 労働組合が過大な厚生施設を要求したり作業合理化を反対したりして税金の無駄遣いをしています。
 この労働組合を支援母体とする民主党は労働組合の無駄遣い要求を拒否できるんでしょうかねぇ。

Posted by 島谷 at 2009年07月24日 08:39

マニフェスト・・・難しすぎます、

 各党が一つのことに対して 賛成 反対の
 議論で戦って欲しいです。

 あなたの考えているより世の中もっともっと複雑なんですよ、とおっしゃる人が89lでしょうが、でも 複雑なマニフェストを読む人がいるのでしょうか?
 そいで何も考えない人が71lでしょう、
 そいで 投票に行く人が53l。

 ますます 政治世の中嫌に 無関心に
 自分勝手に ヤ〜ネ。 

Posted by あき at 2009年07月25日 08:26

 漫画家に依頼してマニフェスト・コミックを作って配布するようなことを考えて欲しいですね。

Posted by 島谷 at 2009年07月25日 09:08

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック