2006年01月19日

五胡賓従もどき

┬┬┬┬┬┬┬
┼┼┼
┼┼┼
┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼
┼┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼┼
 五胡賓従もどき
 黒先活

 原作玄々碁経五胡賓従の素晴らしさを実感するための参考図です。

 なお、局面を左上隅に移したのは碁盤をドラッグして棋譜再生ツールにコピペすれば石葉2アプレットで扱うことができるようにするためです。
posted at 12:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | QinQin碁経
この記事へのコメント
詰碁の一手目はできるだけ迷彩を掛けるのが面白く、下図みたいな感じならより味わいがありそうです。

┌┬┬┬┬┬○┬┬┬┬
├┼┼┼●○┼○┼┼┼
├●●┼●●○○┼┼┼
├○○┼○○┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼
├○┼┼┼┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼

Posted by 棋譜大好き at 2006年01月20日 10:01

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬
├┼┼┼┼┼┼
┼┼┼
┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼
┼┼┼┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼
 なるほど美しいですねぇ。
 これならもどきではなく完全な創作品と胸を張れますね。
 勉強になりました。
 どうもありがとうございました。

Posted by 島谷 at 2006年01月20日 10:20

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック