2009年05月04日

世界卓球2009花は散る

16歳の快進撃止まる 石川、世界1位に敗れる 卓球世界選手権 2009/05/03 20:31
 石川があこがれる世界ランク1位、張怡寧は、やはり強かった。「攻めていきたかったのに先に攻撃され、コースも本当にうまいと思った」。上位選手を次々と破ってきた16歳の快進撃は、ベスト8で止まった。
 水谷隼/岸川聖也ペアが男子ダブルスでメダルを確定した世界卓球2009だが残念ながら残りの日本選手は全滅した。
  • 女子ダブルス:福原愛/平野早矢香VS郭躍/李暁霞 0-4
  • 吉田海偉VS王晧 1-4
  • 石川佳純vs張怡寧 1-4
 吾輩の素人目では女子のエース平野早矢香選手は精彩に欠けているように感じていた。あの身震いするような凛々しい顔をたまにしか見られなかったことが悲しい。次回の大会では奮起して活躍することを心から願っている。
 吉田海偉選手の相手は圧倒的な強さを誇る王晧選手だ。1ゲームを取れたことを讃えたい。
 石川佳純選手も同様に卓球の女王として君臨する張怡寧選手だ。1ゲームでも取れたことは大活躍だと思う。考えようによっては張怡寧選手にここでぶつかることができたのは幸運といえるかもしれない。1試合ごとに成長している石川佳純選手だ。世界の檜舞台で張怡寧選手とぶつかり16歳の彼女が得たものは多大なものがあると信じる。石川佳純選手の今後の活躍が楽しみだ。
2009年5月3日 12時52分 ( 2009年5月3日 13時03分更新 )
卓球の平野、福原組メダル届かず 世界選手権、女子ダブルス
 卓球の世界選手権第6日は3日、横浜アリーナで行われ、女子ダブルス準々決勝で平野早矢香(ミキハウス)福原愛(ANA)組は第1シードの郭躍、李暁霞組(中国)に0−4で完敗し、この種目では01年大会の武田明子、川越真由組の銅メダル以来となるメダル獲得はならなかった。
この記事へのコメント
おはようございます。
 16歳で世界選手権ベスト8はとんでもないことだと思いマッスル。卓球は楽しみが多いですね。

Posted by あど at 2009年05月04日 06:27

おはようございます。
 本戦2回戦目で敗退してしまいましたが丹羽幸希選手は14歳です。
 14歳で予選を勝ち抜いて本戦入りし1回戦を勝っているのですからこれからが楽しみです。
 青森県は人材が多くていいですねぇ。

Posted by 島谷 at 2009年05月04日 06:53

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
ttp://sirube-note.com/table-tennis/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
ttp://sirube-note.com/table-tennis/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
hck0vYED


Posted by sirube at 2009年05月04日 08:41

sirubeさん、おはようございます。
 さっそく相互リンク登録させていただきました。
 これからもよろしくお願いします。


Posted by 島谷 at 2009年05月04日 10:07

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック