2009年05月02日

世界卓球5日目は尻切れ放映

 テレビ東京12:30〜14:20の録画放映で世界卓球20095日目の男子ダブルス3回戦を観戦した。
 男子ダブルス3回戦1試合目は松平賢二(328)/上田仁(139)ペアが強敵の韓国ユスンミン(11)/オサンウン(12)ペアとの対戦だ。(括弧内の数字は世界ランキング)
○○○○○×○○×○××○×○×○ 11-6
○××○○××○○××○×○×○××○○○○ 12-8
○○×××××○××○×○×○×○○× 8-11
×○○×××××××○×○×○× 5-11
×○○××○○×○○××○×○×××○× 9-11
××○×○×○×○×××○××× 5-11
 相手はスロースターターのようで最初は5ポイント連取と好調の滑り出し。そのまま11-6と押しきり1ゲーム目を取る。
 2ゲーム目は苦戦ながらも8-10から逆転して11-8と獲得。
 しかし調子を上げてくると相手は強すぎ。3、4、5ゲームと圧倒的な強さを見せてゲームポイント2-3と逆転されてしまった。
 もう後がない第6ゲーム意地を見せて頑張るものの9-5と追い込まれる。ここで見応えのあるラリー戦となるがアンラッキーなネットインで10-5となり相手のマッチポイント。続けてポイントを失い2-4で3回戦敗退となってしまった。

 2試合目は水谷隼(22)/岸川聖也(65)ペアがブラジルのモンテイロ(70)/ツボイ(156)との対戦だ。
○××××○○○×○○×○○××○××○×× 10-12
○×○××○××○○×××○○○○○××○○ 12-10
○○××○×○○×○○××○×○××○○ 11-9
11-6(放映されず)
××××○×○○○××○××○○×○× 8-11
×○(ここで放映打ち切り)
 水谷/岸川ペアは最初はエンジンがかからず出だし4ポイント連取される。それでも追いついてデュースに持ち込んだが10-12で1ゲーム目を取られる。
 2ゲーム目も5-8と追い込まれるが5本連取して10-8とゲームポイントを取る。しかし2ポイント連取されデュース。幸い2本連取して12-10と2ゲーム目を取るが格下相手に苦戦してるなぁ。
 3ゲーム目は放映されなかったが11-6で取ったようだ。
 ゲームカウント3-1で迎えた第5ゲームも出だし4ポイント連取され0-4となり頑張ったものの8-11で取られゲームカウント3-2に追い上げられた。
 第6ゲーム1-1のところで放映時間切れで続きは夜の番組となった。オイオイ、それはないだろ(怒)
 この試合はどうなるんだろう。ここで落とすとヤバイ。なにがなんでも決めて貰いたい。
この記事へのコメント
 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック