2009年05月01日

世界卓球2009女子シングルス1回戦全勝

 テレビ東京の13:30〜15:30の録画放映で世界卓球20093日目の女子シングルス1回戦4試合を観戦した。
 最初の試合は平野早矢香vsヌトゥーラキ(ギリシャ)だ。
 吾輩は平野早矢香選手の大ファンだ。試合中の凛々しい顔が魅力的だ。気合いが入って雄叫びする顔はホレボレとする。
 しかし昨日の平野早矢香選手はなんとなく覇気が感じられない。格下のヌトゥーラキ選手(ランク162)と接戦する。
○×○○××○×○××○○○○○×○ 11-7
×○×○×××○×○○○×○×○○○○ 11-8
×○×○○×××××○○×○○○○○○ 11-8
○××○○○○×○×○○×○××○×○ 11-8
 3ゲーム目では3-2から5ポイント連取され3-7になったときは肝を冷やした。しかし根性の平野早矢香選手だ。食い下がって5-8から4ポイント連取して9-8と逆転。ここで激しいラリーの応酬が長々と続き手に汗を握った。勝負の女神は平野早矢香選手に微笑み叩き付けたボールがネットインで10-8とゲームポイント。次のポイントも得て結局は6ポイント連取となり3ゲーム目を獲得。これで試合の流れは平野早矢香選手に傾き4ゲーム目も11-8で獲得して4-0で2回戦進出となった。
 しかし2回戦は敗退したようだ。まだ本調子ではないのだろうなぁ。平野早矢香選手の雄叫びを見られないのが残念だ。(涙)

 2試合目は石川佳純vs于国詩(香港)だ。
 石川佳純選手は16歳の美人でほのぼのとした雰囲気を持っているのでデビューしたときからファンになってしまった。
 石川選手はランク99で于(ウ)選手はランク117。ランクが接近しているので白熱の試合が期待された。
 録画は1ゲーム目11-1の後の2ゲーム目から放映された。放映されたゲームは予想に違わず白熱したシーソーゲームで11-7、12-10、8-11、11-8と接戦だった。
 石川佳純選手のサーブは高々とボールを放り上げる投げ上げサーブだ。あれだけ高くボールを投げてサーブミスしないのが凄い。
 接戦を制して4-1で1回戦を勝ち抜き2回戦に進出。石川佳純選手はシングルス初勝利となった。
 2回戦でも帖雅娜選手に勝ったようだ。石川佳純選手の快進撃を期待したい。

 3試合目は福原愛vsモクロウソワ(モルドバ)だ。
 1ゲーム目モクロウソワ選手に3ポイント連取され0-3からのスタートだ。
 モクロウソワ選手はカットマンだ。吾輩の知っている福原愛選手はカットが苦手でしかも相手は28歳で老獪だろう。こりゃヤバイと思ったのは大間違いだった。この後8本連取しランクの違い(福原31位モクロウソワ231位)をまざまざと見せつけ11-4であっさりと1ゲームを獲得。
×××○○○○○○○○×○○○ 11-4
○○○○○○○○○×○×○ 11-2
○○○○×○×○○○××○○○ 11-4
○○○×○○×○○×○×××○×○○ 11-7
2ゲーム目に至っては9本連してあわや完封の勢いだ。
 モクロウソワ選手のカットをドライブでつないだりツッツキでつないだりして前後に揺さぶりチャンスボールが来ると払ったり打ち込んだりして圧倒した。
 福原愛選手がこんなに進歩しているとは驚いた。
 しかし2回戦では敗退したようだ。トーナメントは1本勝負だから厳しいなぁ。

 4試合目は福岡春菜vsネグリソーリ(イタリア)だ。
 福岡春菜選手は王子サーブの使い手だ。
 録画は11-5、11-6、10-12の後の4ゲーム目から放映されたが11-5、11-6と危なげなく4-1と制し2回戦進出となった。
 福岡春菜選手はサーブだけが取り柄の選手かと思っていたらラリーが続きフォアが決まるようになった。王子サーブも温存して要所でしか使わない。めざましい進歩に感じた。
 2回戦もシルバーアイゼン選手に勝ったようだ。進化した福岡春菜選手の活躍が楽しみだ。

 なお女子シングルスは石川佳純選手と福岡春菜選手のほか藤沼亜衣選手と田勢美貴江選手も3回戦に進出した。彼女たちの行く手には中国の牙城がそびえ立っている。誰が破ってくれるだろう。


この記事へのコメント
おはようございます。
 男子シングルスのドローを見ると
 426 NIWA Koki JPN
 となっており、1回戦を突破したようですね。素晴らしい。今日は登場しないようですが、世界卓球選手権はどの試合も迫力があるので、しっかり録画して観戦する予定です。試合が早いので観戦が楽ですね。

Posted by あど at 2009年05月01日 05:48

おはようございます。
 期待のホープ丹羽幸希選手は2回戦でオフチャロフ選手に2-4で負けてしまったようです。もうやだ〜(悲しい顔)
 松平健太/丹羽孝希ダブルスも王皓/陳 玘に1-4で1回戦敗退です。がく〜(落胆した顔)
 しかし他の選手はかなり残っていますからどこまで頑張れるか期待してます。
 だれか中国の牙城を崩して欲しいものです。

Posted by 島谷 at 2009年05月01日 06:08

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。