2009年04月29日

世界卓球2009始まる

 GWに合わせて横浜アリーナで世界卓球2009が始まった。
 今回の参加選手にはティーンエージャーが多い。
 最年少は13歳のアメリカのシン・アリエル選手だ。13歳と紹介されなければハイティーンと感じられる貫禄だ。彼女の顔を見るとまるで中国人だ。それもそのはず彼女はアメリカ生まれのアメリカ育ちだが両親は中国人。中国人は卓球がうまい遺伝子があるのだろうか。堂々とブルネイのフー・スー・シャン選手を4-2で下した。彼女の今後の活躍が見物だ。
 我が国からもローティーンのホープが参加した。
 卓球名門の青森山田中学の丹羽幸希選手14歳だ。父親が38歳で母親が36歳という。吾輩の子供より若い。
 第1回戦の対戦相手はパキスタンのサリバエフ選手。
 最初はガチガチに緊張していて1本を取られる。こりゃヤバイと思っていたら3本連取。1本取られて5本連取。まるきり実力に差がある。11-4で1ゲーム先取。
 緊張がほぐれたのだろう。第2ゲーム以降は11-2、11-2、11-4と相手を寄せ付けないワンサイドゲームの4-0で勝ち残った。
 丹羽幸希選手の今後の活躍が期待される。
この記事へのコメント
おはようございます。
 今日は久しぶりの晴天なので午前中は近くの公園で花見、午後2時半から放映されるBSジャパン「世界卓球2009 男子・女子予選」を夜録画で観戦します。ポーランドで行われていたテニスのフェドカップは全く報道もされず2勝3敗で静かに負けてしまい、ワールドグループ2部からアジア・オセアニアゾーン1部への降格が決まってしまいした。orz 

Posted by あど at 2009年04月29日 06:42

おはようございます。
 フェドカップは女子デビスカップですね。残念です。ふらふら
 クルム伊達公子や杉山愛も負けたんですか?それとも2勝は両選手だったのでしょうか。

Posted by 島谷 at 2009年04月29日 06:47

 シングルスは杉山愛と森田あゆみと森上亜希子が出場し、杉山が1勝1敗、森田が1勝、森上が1敗。2勝2敗で迎えたダブルス(杉山・森田組)が接戦の末逆転で負け、都合2勝3敗。惜しい試合を落としました。今回の選手構成が日本のベストメンバーなので、クルム伊達の出番はありませんでした。

Posted by あど at 2009年04月29日 07:56

丹羽幸希選手は 予選は2勝1敗で勝ちあがり

今日の 本予選?に進みました、
まだ見たこと無いのだけど でかけるからなぁ〜

Posted by あき at 2009年04月29日 09:01

 クルム伊達公子は日本のベストメンバーにはならないんですか。キビチイ。

 丹羽幸希選手は2回戦も接戦で勝ったようですね。
 テレビは平野早矢香選手の紹介が終わったところでスイッチを切って寝てしまったので試合を見ませんでした。
 昼間に放映して欲しいものでゴンス。

Posted by 島谷 at 2009年04月29日 09:12

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック