2009年04月22日

十傑戦はいずこに?

From あき
====================================================
昭和57年「囲碁」誌 1月号
 九段 武宮 正樹
 三子 野呂 夏雄
    観戦記 菊池康郎

 野呂さんは 慶応大学 4年生、
棋譜を問題にしてはいません棋譜はかざりです

 これは アマのトップクラスに迫る人たちが
 プロ高段者に三子でどこまでやれるか「囲碁」誌が企画しました。
 20局くらいやったようですよ、
 プロの2勝1敗のペースだったようです。

 前置きはこのくらいで、

 十傑戦に替わるタイトル戦はいっこうに出てきません、「囲碁」誌も廃刊ですし、
 スポンサーが居ない???
 ネットではやってるのでしょうか?
 囲碁は衰退の一途、ボヤキになりますので
 このくらいで良いです。
 

この記事へのコメント
 懐かしい棋譜を引っ張り出されましたねぇ。
 当時の慶応囲碁部は第3期黄金時代でした。
 OBとの交流も盛んで活気に満ちあふれていました。懐かしい思い出がいっぱいです。

 十傑戦は名人戦になったのではないでしょうか。

Posted by 島谷 at 2009年04月23日 03:48

>>十傑戦は名人戦になったのではないでしょうか。

 あっ、そうでしたか、
碁会所で 菊池が強い 異や村上だ、
 坂田はすごいよ 秀行の厚みはね、、、。
 このような会話はいつもありました、

 もう20年くらいプロアマ問わず戦跡の会話がありません、
 誰が一番強いのか決めてほしいです、
 先月 大阪府で 橋元知事に1億円プレゼントした83歳のおばあちゃんがいましたね
 (見返りなし)

 囲碁も1億円寄付する人がいないのかな?


Posted by あき at 2009年04月23日 08:14

もう20年くらいプロアマ問わず戦跡の会話がありません、
 スター不在ということでしょうか。
 話題性に富んだ棋士が必要ですね。
 イヤマンに期待しましょう。

Posted by 島谷 at 2009年04月23日 11:00

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック