2006年01月15日

脳疲労

 テレビ東京(12CH)の16:00からの疲労回復スペシャルを見た。
 いまの日本人は疲労している人が半数以上を占め、その経済損失は1兆2千億円になるという。
 疲労、痛み、発熱は人間の三大アラームだが疲労の程度を示す物差しが確立されていないそうだ。
 疲労の程度をはかる研究が紹介されたが、脳が疲労するとしゃべったときの母音のゆらぎの幅がせまくなることがわかってきたという。
 自動車にマイクを取り付けて脳の疲労度を計測し、疲労があるレベルに達するとアラームをハッスルようになれば居眠り運転を防ぐことができるようになるという。
 はやくそのような装置が実用化して欲しい。
 疲労の研究が進めば血圧計のように疲労度計が商品化され家庭でも簡単に疲労の程度をはかることができるようになるという。
 現在ではそのような装置はないがチェックシートで疲労の程度をしることができるというのでチェックシートが紹介された。
 チェックシートは筋肉疲労と脳疲労の2つに分かれている。
 筋肉疲労では、マイナス2点でいたって健康。
 会う人ごとに「お元気そうですね」と言われるのが納得。
 脳疲労ではマイナス25点で一刻もはやく専門医の診断を受けなければならないという危険領域。
 オーふらふらノーもうやだ〜(悲しい顔)
 碁を考える気力がないのはこのためだったのか。
 脳疲労回復には、笑いが非常に効果があり、アロマセラピー、アニマルセラピーも効果的だという。
 せっせとお笑い番組を見よう。わーい(嬉しい顔)


この記事へのコメント
将棋の森下九段の名言に「脳は疲れない」というのがあったような気がしますが、やっぱり疲れますか(汗)。
一過性の「疲労」というより「摩耗」とか「金属疲労」のようなイメージなのかもしれませんが。

Posted by GO! at 2006年01月15日 21:13

 過労死というのは脳疲労の極値らしいです。
 筋肉疲労で過労死になるのだったらオリンピック選手はみんな過労死になってしまうのではないでしょうか。
 グーグルや三井化学の脳疲労対策が紹介されていましたが企業も脳疲労による作業能率低下防止に必死なようです。

Posted by 島谷 at 2006年01月16日 04:17

 このブログはコメントの編集や削除をすることができません。コメントの編集や削除が必要な場合は私宛にメールをお願いします。
 半角文字の http:// が記載、お名前欄が空白または日本文字が全然ないコメントは投稿できません。ボタンをクリックしても投稿フォームが閉じないときはこれらに該当していないか確認してください。
 私は自説に固執しません。意見交換を重ねるに従いトップページの意見に修正が加えられますから議論される場合はコメントの流れに目を通していただけると幸いです。

棋譜投稿 ←をクリックすると碁盤付きのコメントが書けます。
        詳細はをご参照ください。

↓普通のコメントを書く

お名前:  [必須]

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック